日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


生前七回もお目にかかりました。いつも国の行く末を真剣に考えておられた…。「国政に経営感覚を取り入れないと、日本の将来は危うい」と。松下さんとの出会いがなかったら、ぼくは高齢者福祉の世界に飛び込んでいなかったでしょう。

 

国会議員としてこれからの活動方針は?

 

初当選した若輩者ですが、せっかく介護保険がスタートした年ですから、全国で二五〇万人を数える寝たきり老人・痴呆症の人、それを支える家族や医療・介護の現場の人たちの「声なき声」を代弁する“身代わり”になりたい。ここ衆議院第一議員会館の二四〇号室は、介護保険をより良くしたい人たちの発信基地とします。私自身は業界の利益を代表する族議員ではなく、スペシャリティーを持った“専門議員”でありたいと思っています。党内に設置された「介護保険をより良くするプロジェクトチーム」の事務局長になりましたから、さっそく始動です。これからの政治はスピードが大事、何せお年寄りや介護者は待ってくれませんからね。

もう一つの課題は、今問題になっている公共事業を福祉型に転換していくこと。高齢者福祉の充実こそ景気への波及効果が大きいし、地方に雇用の場を広げる突破口になると考えています。「景気回復は福祉から」と声を大にして訴えたい。

 

グループホームの拡充こそ

 

痴呆ケアの場としてグループホームの充実を訴えてきましたね。

 

その通りです。全国約三三〇〇の市町村の中でグループホームはわずか五〇〇か所。一部の自治体にしかグループホームがありません。ゴールドプラン21(新しい高齢者保健福祉推進十か年戦略)では、二〇〇四年度までに全国三二〇〇か所に痴呆性老人用のグループホームを設置する目標を掲げていますが、私は小学校区単位に合計二万五〇〇〇か所のグループホームを設けるべきだと考えています。空き家になっている民家や商店を活用して、小回りの利くグループホームを設置していきたい。お年寄りの住み慣れた環境のところに設けるのがいちばんいいと思います。堀田力さんが提唱しておられる「ふれあい型グループホーム」に賛成です。一丸となって推進したいと思います。

 

048-1.jpg

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,630位
(35,506成果物中)

成果物アクセス数
1,940

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年1月28日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から