日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


1] 時間預託を採用する人は個人の収入となる?

現金請求権のある時間預託は、債権として成立していることになりますから、厳密にいえば、時間預託であっても、個人の収入として計上する必要があります。しかし、有価証券的意味合いを切り離した時間登録(時間記録)によるふれあい切符制度は、債権債務の関係にはありません。この種のふれあい切符は、労務提供責任もサービス請求確定権でもなく、お互いの助け合いにおいて、優先的に労務を受けるだけですから、債権ではないということです。

 

2] ふれあい切符の経理上の処理

とてもむずかしい分野に入って来ましたが、ふれあい切符の現金請求権を切り離して団体への寄付とし、個人は時間のみ登録(時間記録)した場合の経理は、収入として「時間預託寄付分収入」を計上し、支出としては「特定預金積立金支出(時間預託積立金支出)」として基金へ、また、次年度以降、その基金から時間預託分を引き出す場合は「時間預託積立金取崩収入」として計上していきます。

 

ところで、時間預託分を預り金で処理しているところがありますが、NPO法人格取得に際しては、現行のさまざまな法律に抵触することになり、その一つが信託業法や出資に関する法律です。法に定められたところ以外は、預り金を受け入れることはできないとされていますから注意を要します。

つまり一番望ましいありようとしては、現金請求権を持たせずに、有価証券的意味合いを切り離すこと、すなわち利用謝礼金は団体に寄付をし、本人は時間のみ登録(時間記録)とすることという、ふれあい切符の持つ基本的性格の原則に還ることだといえましょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,629位
(35,539成果物中)

成果物アクセス数
1,946

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2023年2月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から