日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


堀田力のさわやか対談

“わずらわしさをとりますか?それとも孤独をとりますか?”

映画「ホーム・スイートホーム」で考える老いと家族

 

このほど映画「ホーム・スイートホーム」が完成、全国に向けた上映がスタートする。ぼけた老父とその世話に疲れ果てた都会の家族、そして遠く岩手のグループホームでにぎやかに共同生活を送る女五人の姿から、老いの住まい、老いの生き様を観客に問いかける笑いあり、涙ありの意欲作だ。グループホームを超高齢社会を支える新たな切り札に―。原作・脚本の松山善三さんと監督の栗山富夫さんに映画に込めた思いや自らの老後などを語ってもらった。

 

003-1.jpg

堀田力

1934年、京都府生まれ。

さわやか福祉財団理事長、弁護士。

 

003-2.jpg

松山善三(まつやまぜんぞう)…映画監督・脚本家

1925年、兵庫県生まれ。岩手医学専門学校(現・岩手医科大学)を中退。1948年に松竹大船撮影所の助監督として入社。木下恵介監督に認められ、以後、「人間の条件」(全5部)「虹の橋」ほか多くの脚本を手がける一方、監督としても「名も無く貧しく美しく」「典子は、今」ほか数々の力作を撮る。

また1997年ミュージカル「ご親切は半分に」では老人ホームを描き、これを土台とした映画「一本の手」も製作して各地で話題となった。

 

栗山富夫(くりやまとみお)…映画監督

1941年、茨城県生まれ。国際基督教大学卒業後、1965年に助監督として松竹に入社。野村芳太郎、山田洋次監督らに師事。1983年「いとしのラハイナ」で監督デビュー、「俺ら東京さ行ぐだ」「祝辞」「愛しのチイパッパ」「ハラスのいた日々」など作品を次々と発表、話題となる。

一方では1989年に公開された西田敏行主演「釣りバカ日誌」シリーズ第1作を製作。

以後、「釣りバカ日誌10」「花のお江戸の釣りバカ日誌」まで11作品を監督し、寅さん亡き後の日本映画を代表する作品に育てた。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,785位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,611

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
11.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
14.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から