日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


ふれあいボランティア考

 

市民が育てるNPO

 

6月8日付けの朝日新聞に載ったある投稿がNPO関係者の間で波紋を呼んだ。社協でヘルパーとして働く女性の奮闘模様なのだが、その中で彼女は「あるNPOの介護会社の説明会に行って」疑問を持ち、「こんな会社がNPOであり、県知事の認可を受けている」「NPOの名の下に老人とヘルパーを食い物にされたのではたまらない」と糾弾する。1600字程と大きなコラム。確かに一読するとNPOのすべてが悪徳業者のような印象も与えかねない論調で、それが各地で誠実にがんばっている福祉系NPOの人たちに大きな戸惑いを与えた。

真意を聞こうと寄稿者に連絡を付けたあるNPO開係者によれば、決して悪気はなく純粋な思いからの投稿だったという。事実、問題の団体はNPO法人だった。しかし、本人の思惑を超えてNPOという活動に誤解を与えかねない文章のまま、投稿を掲載した紙面の意図は何だったのだろうとふと思った。

折しも、NPO法人への税制優遇問題の議論の中、大蔵省は、同じ介護保険事業で社会福祉法人は非課税、NPO法人は課税の方向に動いている。どうも「NPO法人は玉石混淆」で判断がつかないから税の優遇はまかりならぬというものらしい。ならば、社会福祉法人、宗教法人、医療法人等々が脱税や大きな社会的事件を次々と引き起こしてきた例はどう見ればいいのだろうか。NPO活動を「新米いじめ」していると見られても仕方のないところではある。

どんな形であれ悪用する者はいる。これからの時代に必要なのは行政の硬直した入口規制ではないはずだ。日々の業態や活動内容をチェックする社会の目、そのための情報公開である。多くのNPOはそうした目を怖がりはしないし、偽の衣を剥がすのもまた、私たち市民の役割なのだと思う。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,766位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
1,622

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から