日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


日本経済新聞の全国市町村調査(3月中旬、回答率55.9%)によると、「在宅3本柱」の充足率(利用希望量に対し自治体か実際に提供できる量の比率)は全国平均で68.1%。そのうち自宅にいたままサービスを受ける訪問介護と施設に滞在する短期入所について充足率は100%と答えた市町村はそれぞれ63.1%、61.0%だったのに対し、通所サービスである「デイ」のそれは53.0%にとどまっていた。

訪問介護はいわば人材派遣業。設備投資が不要なだけに営利目的の民間企業か参入しやすいのでサービスの質はともかく、供給余力が見込める。それに対して「デイ」は建物、施設が必要なため投資がかさみ、企業の進出に歯止めがかかり、その分供給が不足する。

 

「デイ」の原点は市民がつくった宅老所

 

厚生省がまとめた介護保険指定事業所の申請・指定状況(4月1日現在)によると、訪問介護の指定を受けた営利法人は4507の中で「デイ」の指定を受けた営利法人は244に過ぎなかった。デイ事業所7510か所のうちの3.2%にとどまっている。

このため、民間企業のデイセンター開設費用を補助してデイ供給増に取り組む自治体も現れた。埼玉県川口市は2か年計画で10社に補助、「デイ」供給率を現在の40%から80%に引き上げる。

ただ、この「デイ」不足対策を営利企業に任せておいていいのだろうか。在宅支援の歴史は住民たちか家族に代わって高齢者を預かる宅老所から始まった。それがどれだけ高齢者本人と家族を助けたことか。

「在宅」の原点「デイ」の供給不足は住民自身がつくる草の根サービスの出番を促している。

 

(※)在宅3本柱とは、1]訪問介譲、2]デイサービス、3]短期入所。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,054位
(34,017成果物中)

成果物アクセス数
2,426

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月22日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から