日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


心と教育 学校の新しいかたち

ボランティアコーディネーターに支えられた体験学習

新潟県長岡市立日越(ひごし)小学校

(取材・文/有馬正史)

 

「お年寄は、びっくりしたように、『すごいね。』とほめてくれた。なんだか心がうきうきした感じだった。しだいに、お年寄との交流が深まり、楽しくなっていった。これが、最初のことで自分が変わったことだ」

これは、日越小学校6年の児童の「自分が変わった」というタイトルの作文の一部抜粋である。

担当の須藤昌幸先生から、作文にあるような体験学習について伺った。須藤先生は、日越小の児童たちは少し思いやりや奉仕の心が欠けているのではないか、それは校外に出て活動するということがなく、価値ある体験が少ないからではないかと思い、思いやりや奉仕の心を育てるきっかけとなるボランティア体験をさせたいと考えた。そんな矢先、ボランティア活動をしている保護者の方から、長岡医療と福祉の里「ボランティア連合会」のボランティアコーディネーターをしている野田佐千子さんを紹介された。長岡医療と福祉の里は、日本でも有数の医療から福祉までの多数の施設を持つ。そのため、各施設で活動したいボランティアの希望と、受け入れる施設の希望をうまく調整するのが野田さんの仕事であり、ボランティア連合会が一手に引き受けている。

野田さんは、多くの学校のボランティア体験学習のコーディネートもしている。学校によっては、児童・生徒を施設に訪問させる目的がよ<わからない学校もあるという。しかし、日越小学校の須藤先生の6年生の体験学習の進め方には、大変共感したとのこと。児童の意欲を十分に引き出していたからだ。まず、野田さんから学校で児童たちにボランティアの話をしてもらい、児童の興味・関心によって分かれた小グループで、どのような活動をするか話し合い、野田さんとも連絡を取り合って、活動内容を決定し活動に入った。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,067位
(33,821成果物中)

成果物アクセス数
2,393

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年11月27日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から