日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


われ失聴者なるも

松本崇さん 70歳

東京都

 

22年前、突発性難聴で左聴力を失い、その2年後、同様に右聴力を失った。昨年12月号に「あなたのコミュニケーション度は?」というのがあったが、残念ながら通常の会話はまったく不可能である。このハンディに追い打ちをかけるごとく、数年前からメニエール症が襲いかかってきた。街頭で突然激しいめまいに倒れ、幾たび救急車で搬送されたことか…。なのに何故「さわやかパートナー」に?それは、一昨年、町田市民ホールで堀田理事長の講演を聞いたからにほかならない。

その折は、私共中途失聴者の唯一の通訳ボランティアである「要約筆記グループ」のみなさんが講演の内容をOHPでスクリーンに映し出してくれたのだ。「失聴者だって何かできるかも…」と思ったのがその時である。だが、話に対応できぬ現実は厳しい。

交流会や会議等の案内状もたびたび拝受するが、結局は“何もわからずじまい”とあきらめ、ついつい閉じこもったままである。何か手だてはないものか、悩みつきない日々である。

されど『さぁ、言おう』は、われ失聴者なるも、われを奮い立たせる。

 

その意気で、パソコン通信に挑戦しませんか?

 

老境の孤独と不安

三浦和彦さん 71歳

東京都

 

3月号“老いる孤独と悲しみに気が付いて”と“母のお金を兄が…”は老境にある小生にとって、今日は人の身明日はわが身。身につまされます。しかし名案はなかなか見つかりません。ピンピン老人が寝たきり老人の面倒をみることができるうちはよいのですが、いい知れぬ不安と孤独感にさいなまれます。努めて元気に振る舞っていますが。

 

あとを天命に委ね、今の目標に集中しましょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,852位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
1,563

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から