日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

情報誌「さぁ、言おう」2000年4月号

 事業名 高齢者のためのボランティア普及啓発活動
 団体名 さわやか福祉財団 注目度注目度5


ことば・言葉

 

教えて! 基本用語

市民互助型団体

本誌にもたびたび登場する「市民互助型団体」。平たくいえば、市民による市民のための、市民の草の根組織というところ。利用者や、サービスの担い手となる会員はもちろん、「パソコン上手」「経理上手」など運営のための後方支援部隊も必要となるので、仕事のあるなしも含めて老若男女、さまざまな人が参加できる。活動資金も自助努力でがんばっている。地域のみんなのための活動なんだもの、みんなで知恵も労力もお金も出し合わなきゃいけないのは、当然だよね。

社会福祉協議会

「社協」の名でとってもおなじみだけど、福祉にかかわっていない人には案外知られていなかったりもする。社会福祉事業法に定められた特別法人、民間団体だ。中央に全国社会福祉協議会が、都道府県と各市区町村にもそれぞれ社会福祉協議会が設置されているので自分の住む地域にも必ずあるはず。ボランティア活動の育成援助から心配事の相談等、地域の社会福祉問題の解決改善のためのさまざまな事業を行っている。また、社協内にあるボランティアセンターでは、活動に関する情報提供や相談、研修なども行うので、一度のぞいてみてはいかが。

 

知ってる? 最新用語

コラボレーション

日本語に訳すと「共同作業」「共同制作」「連携」「協働」などなど。主に研究や芸術の分野で用いられてきたようだが、このところ、地域社会を語るキーワードとしても脚光を浴び、その認知度は赤丸急上昇中。ちなみに本誌では、96年6月号の「堀田力のさわやか対談」の中で、すでにこの言葉が登場。その一節を紹介すると…。

「NPOの方、あるいは企業、組合、利益団体、そして個人の方などみなさんとのコラボレーション、パートナーシップで、みんなが自由自在に動けるような社会体制を作り上げていく」。このように、市民・企業・行政など、異なるもの同士の融和で新たな可能性を得ることをめざして語られたりするので、以降、お見知りおきを!

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,877位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
2,665

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.情報誌「さぁ、言おう」2000年5月号
2.情報誌「さぁ、言おう」2000年6月号
3.情報誌「さぁ、言おう」2000年7月号
4.情報誌「さぁ、言おう」2000年8月号
5.情報誌「さぁ、言おう」2000年9月号
6.情報誌「さぁ、言おう」2000年11月号
7.情報誌「さぁ、言おう」2000年12月号
8.情報誌「さぁ、言おう」2001年1月号
9.情報誌「さぁ、言おう」2001年2月号
10.情報誌「さぁ、言おう」2001年3月号
11.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年4月号
12.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年8月号
13.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2001年1月号
14.情報誌「さぁ、言おう」2000年10月号
15.付録版「さわやか活動報告ニュース&にゅーす」2000年11月号
16.LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から