日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


こうした事情によるためか、今回の現地調査に当たっては、残念ながら諸般の事情により、日本人専門研究家の直接協力を得ることはできなかった。やむなく手探り状態のまま現地に赴いたところ、現地関係者の好意溢れる理解と協力を受け、一応の結果を纏めることができた。ここに改めて国内及び現地で御世話になった方々に感謝し、この報告書のまとめとする次第である。

 

1 カナダにおける「市民第一」報告書の意義

 

今回現地オタワで最初に面接した連邦政府の財務委員会と公務委員会の担当官3人は、異口同音に1998年発表の「市民第一」調査結果に言及した。もともとこの調査は1997年7月、連邦政府の独立機関であるカナダ管理者開発センター(CCMD)の主唱により、市民第一サービス・ネットワーク(The Citizen-Centred Service Network: CCSN)が設立され、官民200人余の各界代表者が参画し、連邦、各州、市町村の各レベルのサービスに対する市民の声を集約したものである。またCCMDやCCSNが自ら調査するのではなく、調査専門のエリン・リサーチ社(Erin Rescarch Inc.)に依託されたことも記録しておきたい。

さて、この「市民第一」報告書の内容については、連邦、各州、市町村の各レベルの公務に対する市民の声(受容の程度)には、かなりな較差があることがわかった。しかし今回の現地調査は、専ら連邦政府職員に対するものであったために、各州と市町村のサービスについては取り上げなかった。この「市民第一」の内容の詳細は、いずれ機会を見て紹介できると考えるが、この報告書では専らこの報告書の主な特色について述べておく。

第1の特色は、この調査は全国34,000の世帯に調査票を送り、2,900余の有効票の返送を得たという。

 

<参考>官民サービスの質的評価得点の比較(サービスの質を最低0〜最高100の範囲で評価)

065-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から