日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


そのうえ、(社)経済団体連合会国際経済本部の斎藤仁北米グループ長、日本労働組合総連合会の渡辺ひな子国際局次長の両氏を通じ、カナダにおける関係団体の紹介をいただいた。このように事前に一応の基礎知識を得たことは、今回の現地調査の大きな助けになった。ここに改めてこれらの方々に対して厚くお礼を申し上げ、以下の現地調査の内容を飾ることにしたいと考える。

現地とのコンタクトは、2000年春に始まり、5月末までにカナダ中央人事行政機関に一応の連絡は取れたが、少なくとも二つの難問に逢着した。第1は、何はさておき最新情報の不足であった。すでに1985年前後からカナダ連邦政府は、いわゆる「新しい行政管理(NPM)」の線に沿い、公務員の在り方に関して抜本的な見直しを行ったことは、手持ちの文献などから分かっていた。しかしその後の詳しい改革の内容や、改革の痛みをどのように処理したかなど、不明な点が多々あった。とくにたまたま筆者は1995年2月、アルバータ州のバンフ・センターを訪れ、カナダにおける行政の課題を論じたことがあったが、それ以降の情報は極端に少なかった。第2は、現地調査の時期選択であった。筆者は所属する国連国際人事委員会のスケジュールの関係から、調査は8月上・中旬に行うしかなかった。しかしその時期は、たまたまカナダでは長期夏季休暇の時期に当たるところから、事前のコンタクトに対しても確かな返事を得ることは少なかった。こうした困難を抱えてはいたものの、現地調査は下記の要領で行われた。

 

現地調査の概要(カナダ)

目的:カナダ連邦政府職員に対する国(市)民の評価と期待を調べ、「21世紀における公務員像」を探求する。

日時:2000年8月6日、ニューヨーク経由首都オタワ着:翌7日から15日に渉る9日間に面接調査

2000年8月15日、オタワ発、翌日ニューヨークより帰国

方法:所定の国際版チェックリストを使い、現地における民間有識者に個別面接したうえで、21世紀の公務員像について期待のほどを聴取する。そのうえでカナダ市民全体の意見をまとめる。

担当:田代空(日本人事行政研究所理事)

菊入敏夫(日本人事行政研究所研究部長)

 

2 現地調査の準備

 

今回の現地調査で最も憂慮したのは、面接の対象者をいかに人選し、どのようにして面接のアポイントメントをとるかであった。しかも調査の目的が「民間からみた公務員に対する期待」であるために、在外公館への援助要請は極力遠慮した。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から