日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


ただし、司法部門は9.5%、郵政公社は9.4実を増員しており、行政部門でみると、司法省、連邦危機管理庁とパナマ運河委員会を除いて、各機関は大幅に減員している。その中でも、もっとも減員に成功したのは、冷戦終結を受けた国防省で、総人員は24.8%の減、とくに軍は、陸軍が約28万名から22万名、海軍は29万名から20万名、空軍も20万名から17万名など補給部門も含め、93万6,731名から70万1,742名へ実に23万4,989名、25.1%を削減した。

その他の機関も、実数でいえば、農務省が約2万名、退役軍人庁が約1万8,000名、連邦預金管理機構(RTCを含む)が65%に当たる約1万5,000名、内務省が約1万1,000名、人事管理庁自体が半数近い47.6%に当たる3,300名を減らした。

今回の調査で、面接対象者の多くが、この急激なダウンサイジングに言及しているのも、その衝撃の大きいことを示している。ただし、その評価は2分しており、ダウンサイジングにもかかわらず、業務を十分に遂行しているという回答者と、まだ余剰人員がいるという回答者に分かれる。しかし、いずれにせよ、レーガン政権に始まりクリントン政権で加速したダウンサイジング自体を批判する声は皆無だった。

 

3 クリントン政権による最近の改革

 

連邦政府予算の赤字解消を目的に、1993年に国家機能再検討プロジェクト(National Performance Review)を、ゴア副大統領を委員長として組織し、成績重視の点から職員への権限付与と無駄な業務の廃止を柱に、5年間で25万人以上の職員を削減し、1,080億ドルの経費削減を目標とした。その結果、1994年に連邦労働力再構築法が成立、27万2,000名の削減規模と2万5,000ドルまでの退職勧奨金支給を決めた。

一方、人事管理庁については、人事政策を分権化し、各機関に任用権限を委譲した。また、3分の1に当たる1,800名の要員を削減し、研修や調査の実施部門を民営化した。現在(1998年3月)の人員は3,593名である。

この結果、連邦政府の人事管理関係機関は、次のような相互に独立した部門で構成されることになった。第一に各省庁・機関が個別の人事管理を所管する。大統領府にはホワイトハウススタッフと行政管理予算局がその権限で行政部門全体の管理機能を持っている。第二に、大統領直属の機関として人事管理庁と政府倫理庁がある。第三に、行政委員会及び第三者的組織としてメリット・システム保護委員会と、雇用機会均等委員会、それに連邦労使関係庁がある。第四に、議会の機関として会計検査院GAOがある。

 

4 アメリカ公務員制度の特徴

 

日本や欧州諸国との比較でいえば、アメリカ公務員制度の著しい特徴の一つは、公務員の社会的威信の問題である。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
10,270

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から