日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

民間からみた21世紀に期待される公務員像(2)

 事業名 人事行政に関する調査研究
 団体名 日本人事行政研究所 注目度注目度5


アメリカ編

駿河台大学教授

原田三朗

I 調査について

 

アメリカ合衆国は周知のように、連邦制の国家であり、統治機構の特徴はその複合性(デュアル・システム)にある。公務員制度も例外でなく、連邦、州、地方(郡、市町村)がそれぞれ管轄を棲み分けている。

本調査の目的は、国民(市民)の公務員に対する評価を得ることにあり、アメリカ合衆国では、他の調査国との対比上、その対象を連邦公務員に置いたが、市民の評価という点でいえば、連邦公務員の業務に市民生活との接点が少ないということが、問題になる。

一般市民の日常で見れば、連邦公務員あるいはそれに類する公務員のイメージは、FBI捜査官、IRS(内国歳入庁)係官、郵政公社職員、入国管理局員などであり、それも、直接体験というよりは、テレビなどのマスメディアの報道やドラマを通じて得た印象が強いと思われる。そこで、一般市民の目からの公務員評価を調べるという本調査の目的を達成するために、調査対象者についていくつかの設定が必要になる。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
936位
(31,472成果物中)

成果物アクセス数
10,262

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月14日

関連する他の成果物

1.平成12年 将来あるべき人事管理を考えるための基礎調査
2.平成12年 介護員等福祉関係職員の労働条件に関する総合的調査研究
3.少年消防クラブ員手帳
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から