日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

南極観測船”宗谷”保存整備工事報告書

 事業名 屋外展示資料保存整備
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


3. 考察

 

今回のタンク内状況調査により以下のことが判明した。

 

1] 船首に近いタンクには、船首尾方向の釣合を取る為水が入っていた。

2] 1番真水兼バラストタンク及び2番真水兼バラストタンクとその上の第1下部船倉に水が入っていた。

3] バルジ内のタンクには現状は何も入っていない。

4] 機関室内のタンクについては、ほとんど調査出来ない状態だった。

 

バルジ内のタンクについては中に何も入っていない状態である為、仮にバルジ側部外板に破孔が生じても、油などの流出と言う事態は起らない。

また、船内のタンクについても、チェックできた限りでは、油が入っているような様子は見られ無かった。今回チェックできなかった機関室内のタンクについて、一抹の不安は残るが、機関室内のタンクの側部にはバルジがあるので、そこが1次バリアーとなり流出は食い止められると思われる。仮にバルジの無い底部に破孔が生じたとしても、内容物が油であれば、比重の関係から外へ流出することはないと思われる。

 

唯一、今回の調査結果で注意を要すると思われるのは、1番及び2番真水兼バラストタンクと第1下部船倉内の水である。タンクの前後の位置関係からして、トリム修正用と考えられるが、二重底タンク内のみならず第1下部船倉内にも水が入っているのは、通常考えられないことである。

船倉内の雰囲気が常にウエットとなり腐食の原因となるほか、船内に自由表面を持つ液体があることは、船の動揺特性にも大きな影響を与える。

幸い本船は係留船であり動揺特性が大きな問題になることは無いと思われるが、腐食に関して構造部材に与える影響を考慮すると、少なくとも第1下部船倉内は排水しドライな状態をつくるのが望ましい。仮に排水してトリムに影響が出るようであれば、その分固定バラストを積むなど、代替手段はいくつか考えられるので、それが問題になることはない。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
531位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
21,494

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.二式大型飛行艇保存整備工事報告書
2.安乗埼灯台保存整備工事報告書
3.船の科学館パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から