日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

作業船設計基準

 事業名 作業船設計基準の作成
 団体名 日本作業船協会 注目度注目度5


まえがき

 

我が国の作業船の隻数は現在1万余あり、作業船の種類はポンプ浚渫船、グラブ浚渫船、起重機船等38種類と多種多様である。

港湾工事に使用する作業船に関する設計法及びその手法、手順を定めたものは昭和40年代に作業船設計基準として定められているが、20数年が経過している。その間、作業船の大型化、自動化を始め、環境対策及び作業環境の向上等が強く求められており当時と状況が大きく変わっている。

本事業では、非自航作業船建造に関係する関連法規・通達を取りまとめた他、当協会に比較的問い合わせの多い起重機船の設計基準を見直すとともに、作業船の新機種で近年多く建造されたバックホウ浚渫船について新規に設計基準を作成した。

これらの設計基準等は、作業船関係業務にたずさわるものに貴重な文献として幅広く活用していただければ幸甚である。

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
46位
(33,772成果物中)

成果物アクセス数
216,104

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年9月25日

関連する他の成果物

1.JSMEA NEWS 81
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から