日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

日本の海岸はいま・・九十九里浜が消える!?●海岸浸食と漂砂●

 事業名 総合的海洋管理に関する討論会の開催
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


050-1.jpg

イワシ船

マイワシの資源量は周期的な増減があり、漁獲量はその影響を反映している。近年では1988年(昭和63年)に過去最高の漁獲量450万トンを記録したが、これ以降急激な減少を続け、10年後の1998年(平成10年)には16万7千トンにまで落ち込んだ。現在イワシ漁の不振を背景に片貝漁港のイワシ漁船は減少し、代わって遊漁船が多い。

 

050-2.jpg

イワシの操業風景

九十九里浜のイワシ漁には、古くからの地引網漁のほかに、真網船と逆網船の2隻の船が網で囲い込んでイワシをとる揚繰(あぐり)網漁があった。現在は、巻き網漁に代わったが、明治中頃から昭和中頃まで揚繰(あぐり)網漁は九十九里浜のイワシ漁の代表的漁法だった。(写真 小関与四郎氏)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
106位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
129,875

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.新世紀へ向けて海を考える?海洋管理への取り組み?報告書
2.「新世紀へ向けて海を考える」海洋及び沿岸域管理への取り組み
3.「和船、船大工等に関する調査」報告書<抄>
4.「海・川・水が教えること」総合的な学習の時間への提案
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から