日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況調査報告書

 事業名 オニヒトデの異常発生及びサンゴ食害状況等調査
 団体名 沖縄観光コンベンションビューロー 注目度注目度5


(4) 考察

今回は冬のクロロフィルa濃度に関するデータを得た。これは、過去に沖縄で測定されたクロロフィルa濃度と比較して、低い傾向にあった(図2、添付資料9-2)。もっとも、これらの値は、複数の年次に亘り、異なる季節に得られたものであり、さらに、測定方法等もばらばらなので一概に比較することはできないため、さらにデー夕を蓄積する必要がある。

また、一般に貧栄養の海水中には大型の植物プランクトンは少なく、ほとんどは2μm以下のラン藻類が主である(Tada 1999)。そのため、今回は、1.2μmのGF/Cフィルターで濾過したため、測定値が低い結果となった可能性がある。

 

図2. 今回測定されたクロロフィルα濃度(↓)と過去に沖縄沿岸で測定された濃度。

064-1.gif

 

今回の測定では、恩納村沿岸と、ヤンバル東岸の両地域の間に有意な差が認められなかった。また、測定値はオニヒトデ幼生が生育するに必要な濃度ではなかった。別の季節にはまた異なる濃度を示すと考えられる。今後大量発生を予測して行くに当たっては、オニヒトデ幼生の産卵時期(6-7月)における、植物プランクトンのクロロフィル濃度のモニターが有効となろう。そのためには、このような項目を含めたモニタリング体制をつくり、さらに継続してデータを蓄積する必要がある。

また、クロロフィル濃度がオニヒトデの大量発生を左右するのではないかという推定は、少なくともオニヒトデのプランクトン幼生が沖縄島の沿岸に分散してくることを想定している。しかし、分散に影響を与える海流や潮流についても知見が乏しい。この分野の研究も待たれる。

さらに、将来オニヒトデの浮遊幼生そのものを計測できる手法(モノクローナル抗体による測定)が開発されれば、オニヒトデの大量発生を予測する上で、より直截な情報を提供することになると期待される。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
201位
(33,792成果物中)

成果物アクセス数
61,548

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年10月23日

関連する他の成果物

1.第25回マリーンウィーク実施要領
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から