日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


御遺体の方もそれぞれ様々な人生を歩んでこられたと思います。「死を自覚して生を謳歌すべし」ではありませんが、自分がこの世界に対して一体何ができるか、どうせ死ぬのなら限られた人生をどう生きてやるか、強く生きたいという気持ちが今、ふつふつとわいてきてます。

慰霊祭には医学部代表として参加させていただきました。遺族代表の方が「奉公を終えて一刻も早く私の所へ戻ってくるのを待ってます。」と読まれた時、おもわず涙が出てきました。献体をなさるということは並々ならぬ決心が必要であったと思います。そのことを思いますと、私達は非常に恵まれた環境で勉強させていただいていると思います。

一番感動的だったのが、やはり子宮の解剖です。私も二十一年前に、母親の子宮に一つの生命として宿ったことを考えますと、自分を産んでくれたことに素直に感謝したくなりました。現代の世の中では、日本に限らず生と死があまりにも軽々しく扱われ過ぎてるように思います。解剖を経験することで少しは成長したかな、と思います。

近い将来医師となるわけですが、私達に今一番必要なのは、心の対話だと信じています。ともすれば明日を見失いがちですが、解剖での経験をもとに心のわかる人間になるよう努力していきます。ありがとうございました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
245,128

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から