日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


生から死に変わる瞬間には何が起こるのだろうか。こんな事ばかりをずっと考えていました。また、献体についても考えさせられました。ほとんどの人、少なくとも私は、どう生きようかということには頭を抱えるほど深く悩み考えますが、どう死のうかということに対してはとても浅はかのような気がします。死んだ後も誰かの役に立ちたい。献体をして下さる方は、きっとこんな気持ちなのでしょう。でもこれは、とても自然な考えのようでいて、実はとても尊いものなのではないかと思います。私は献体をして下さった御遺体に、医学生として感謝するとともに、人としてとても深く尊敬しました。御遺体に直に接することによって、医師になるための知識とはまた違う、別の何か大切なものを得られたと思います。

二つ目の意義は、人体の構造を自分の目や手で確認できたことです。百聞は一見に如かず、と言いますが、まさにその通りで、講義や教科書だけでは説明しきれないことや理解できない部分も、自分の目で見て手で触れ観察することによって初めてわかったことがたくさんありました。ただ反省すべき点は、幾分名前を覚えるということに執着してしまったことです。もっと「なぜ」、「どのように」という視点で人体の構造を観察するべきだったと思います。

最後に、実習も終盤にさしかかり、細かな構造物を観察するようになって、私はふと思ったことがあります。それは、「たった一個の細胞から、たった十ヶ月でこんなに複雑な構造に人間が生まれるなんて、何と不思議なことだろう」ということです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
243,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から