日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


しかし、これから自分たちが経験させていただくことは、医学を学ぶに当たって大変に重要な過程であることに思いが至り、この感覚は荘厳と表現すべきではないかと思いました。

本当に圧倒されました。私は医家の生まれでもあり、本に掲載されている解剖の図や写真などは見なれておりました。それなのに圧倒されたのです。恐怖心ではありません、驚いたのです。人体構造の素晴らしさに。人体の構造は、決して教科書通りではありませんでした。一人一人の構造がみな微妙に違うのです。複雑ですが理にかなった構造に、感激を覚えました。実習は発見の連続だったのです。

しかし、学問的にだけ感激を受けていたのではありません。日常的には見ることの少ないご遺体を前にして平常ではいられませんでした。解剖実習が進むにつれ、自分たちが解剖をさせていただいている方は生前どのような人生を送られたのであろうか、どのようなお人柄の方であったのだろうか、などと考えるようになりました。そして、行きつく答えはいつも同じでした。「美しい」と私は思いました。未熟な私ですが、死後の選択もまた人生であるように思います。自分の死後もその安寧を願うのが普通ですし、ご遺族にとっても辛いことを決心されたことを思いますと、尊敬と感謝の念で一杯です。これが美しいと思う所以です。

解剖が終わり、ご遺体に黙祷をささげたとき、心の中に自然と「おつかれさまでした」と言う言葉が涌いて来ました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
35位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
238,416

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から