日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


私は、実習を行うことに対して、不真面目に考えたことなど一度もありませんでしたし、全力を出し切ることが御遺体に対する最大の敬意だと考えていました。しかし、何か心構えが足りなかったのでしょうか、自分の解剖実習に対する認識、考え方が甘かったように、御遺体を前にして感じました。それから私は、改めて解剖実習の意味というものを考え直しました。これは私自身の見解ですが、目の前に横たわっている御遺体の方々は、亡くなられる直前には何らかの医療的処置を受けた方々だと思います。結果、医学の限界・人間の限界というものに直面し、亡くなられた方々だと思います。そのような方々が、これから医学を糧として医師を志す私たちのために、そして医学の発展のために献体してくださった方々には何と感謝をしたらよいかわからないほど、言葉では言い表せません。しかし、私はそう考えた時に思いました。この方々を現代の医学では救えなかったかもしれないけれども、私が医師になった時、この方々の御子孫の万が一の際に、少しでも発達した医学を身につけた私たちが支えとなることができたらと考えるようになって、心も落ち着き、気を引き締めることができました。

そのような初心を持ち続けて解剖実習に臨んでいるつもりでした。特にふざけていたわけでもないのですが解剖が始まって二ヶ月ほど過ぎた頃でしょうか、ちょうど肋骨を切り落とし、肺を摘出する際、私は右手を切ってしまいました。肺と肋骨の間に手を入れる時に肋骨を切った部分が、とがっていたために切れてしまいました。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,571成果物中)

成果物アクセス数
245,128

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年12月7日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から