日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

学生感想文集「解剖学実習を終えて」第21集

 事業名 篤志献体の普及啓蒙
 団体名 日本篤志献体協会 注目度注目度5


奇妙な違和感を覚えるようになったのは、ちょうどその頃だった。自ら剖出した筋や臓器に現実感がないのだ。目前にしているご遺体の体内構造が、自分を含む生きている人間のそれとどうしても結びつかない。もちろん知識としては吸収できるが、その知識が自分の血肉となって、やがて、それを基に生きている人間を診るという状況が想像できない。実習に慣れスムーズに進行するようになってきただけに、このままでは徒らにご遺体に手を入れているに過ぎないのでは、と申し訳なくも思った。

ご遺体がより身近な存在になるにつれ、こうした違和感は次第に解消された。私たちの班では、ご遺体をお名前で呼ぶようになっていたが、「○○さんの筋は立派だね」などとしばしば、何気なく口にしているうち、まるで親戚のような親しみが湧くようになった。ご遺体が個別性のある一人の人間として見えるようになってきたのだ。同時に、人間の解剖を学んでいる自分の姿も、はっきりと像を結んできた。ようやく地に足がついたように思えたものだった。

平常心で学習できるようになってからも、壁はまだあった。教科書の参考図のようには見えない部位が増えてきたのだ。以前よりは観察が丁寧になったためではあろうが、立ち往生を余儀なくされ、なぜ教科書と異るのかと嘆息せざるを得なかった。ふと思い出した山崎先生のお話が、そんな見方を転換する契機となった。「自分の目で見たものだけを信じる解剖学」。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
34位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
243,999

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.「献体とは」リーフレット
2.http://www.kentai.or.jp/
3.生活体験発表集録「誇りある青春」第21集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から