日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


また、海外においては・ヴァンダービルト大学のJames E. Auer教授と日本研究所のPetersen美知子氏、バンコクに所在する海洋研究NGOのSEAPOLのFrances Lai博士、マレーシア海事研究所のB. A. Hamzah所長にはさまざまな形でご指導いただきました。

海洋国家日本にとって、いま、一番緊急なことは海洋政策を立案することです。そのための布石となる研究・啓蒙事業を3年間継続できたことについては、費用の8割を補助していただきました日本財団の皆様に深く感謝いたします。

幸い、わたくしどもの事業が日本財団事業ライブラリーのホームページhttp://www.nippon-foundation.or.jpに掲載され、3000件のリストのなかでも利用回数による年間ベスト10に選ばれたときいています(「ベストヒット」100参照)。3年前に啓蒙・普及事業を始めたときには、海賊問題を始め、海洋の問題にこれほど世間の関心が高まるとは予想しておりませんでしたが、一同タイムリーな啓蒙活動ができたことを喜んでおります。

12月3日付朝日新聞「論壇」には、日本財団の寺島紘士常務理事の投稿「海洋政策のない日本」が掲載されましたが、それによると、「人類と海洋のかかわりの広範さにかんがみ、海洋管理には広く衆知を集めて取り組む必要がある。特に、内外の研究者とネットワークを組み、自由な立場で海洋管理の研究と政策提言を行う民間シンクタンク設立が急務である」(資料3)とのことですが、まことに同感です。

日本財団補助による研究・啓蒙活動にはここでひと区切りつけて、2000年4月からは、自主研究による海洋問題の研究を継続しますが、3年間にできあがった東南アジア、オーストラリア・米国の専門家とのネットワークはこれからも大切にしていくつもりです。日本財団が今後おつくりになる民間シンクタンクに、わたしたちのネットワークがお役にたてば幸いです。とりあえずは、「うみのバイブル2000」が広く活用されることをいのりつつ、どうもみなさま長い間のご支援ありがとうございました。

 

「ベストヒット」100(日本財団ホームページ)

事業成果ライブラリー・ベストヒット100(1999年4月1日〜1999年12月31日)

321-1.gif

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,678成果物中)

成果物アクセス数
97,422

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年7月31日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から