日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


12:日本が目を覚ます2005年

 

大内 それから、いまの質問に対するお答えですが、小川さんからも、ご自分でお願いします。

小川 いま川村さんが群島理論についておっしゃったのは、政策と国際法のどっちを優越させるかという設問にもなるかと思いますが、もちろん政策です。どんなに国際法上で主張が可能であっても、それによって、海域の平和と安定を維持する実力をもった米海軍を締め出すことになり、その結果、国が滅びてしまっては元も子もない。群島理論は、国際法学者が扱うべき問題というよりは政策の問題じゃないですかと申し上げまして、皆さんも異存がなかったんです。

それから、ディナーの時に、私から申し上げたのは、この1年国際情勢が大きく変化したが、特に日本が大きく変わってきたということです。1998年8月のテポドンの発射以来、日本の世論や政治がどのように変化してきたかという話をしまして、今まで「日本ファクター」はこの地域の海の安定において存在感がなかったけれども、どうもこの1年を見ると変わりつつあるのではないか、と指摘しました。「日本は1945年にベッドに入ってからもう55年近く寝た切りですが、部屋の中も騒がしく、あと5年もすると目がパッチリ覚めるんじゃないか」という話をしました。みんなノートを取っていました。「ただ、今のところはまだはっきり目が覚めていない。ただ、部屋の中が非常にやかましいものですから、起きるかなといいながら、寝言をぶつぶつ言っている。その寝言は、深層心理の中での過去の栄光とか過去の罪とか、あらゆるものがからまったものなので、どうか皆さん、フロイド流の深層心理のテクニックを使って、日本がぶつぶつ言っていることを分析してください」と申し上げました。「日本ファクター」が5年ぐらいするととても重要になる、ということを申し上げたのです。そうしたらみなさんからは、「非常に元気な日本人が一人ならず二人来た」というので、「おう、日本は変わりつつあるんだ」という認識を持っていただいたようです。

(注:“Emerging Japan: Changes and Consequences”という15分のスピーチをしました。これは、1999年10月4-5日に箱根で開催された別の国際会議に提出した論文 “Japan: the Forgotten Factor in Shaping Northeast Asia in the 21st Century”を要約したものです。http://www.glocomnet.or.jp/okazaki-inst/ 参照)

日本財団 その一連のお二人の議論に関して、なんらかの具体的な反応は?

小川 具体的な意見は、「そうなんだ。それを待っていた。日本が動くのを待っているぞ」というようなものです。

日本財団 それはどこからきたんですか。

小川 インドネシア、タイ、それからフィリピンの参加者からです。「もっと日本に大きな役割を持ってほしいと思っている」と。その先は、私はあまり同意しないんですが、「アメリカは横暴だから日本にもっとがんばってもらいたい、われわれはアジア人じゃないか」という議論でした。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から