日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


加藤 国際経済の議論でいうと、明らかに食糧の余剰生産力があるわけですね。それはお金さえ持っていればいいと。

唯是 それは、ある時代はそういうことで、今はそういう議論ではなくて、逆に農業というのは、いつ何時輸入がストップしてしまうかもわからないという議論があって、最低の栄養を守るための安全保障といいます。それから最近は環境ですね。農業というのは環境を維持するのに非常に役立っている。だから環境を維持するための農業というのが、仮に高くついても守って行かなくてはならないという。いまはその方が強い。だからオーストラリアの食糧がどんなに安くても、日本の農業を守るために入れない。しかも、もっと言われるのは、外国では日本が規制している農薬をどんどん使っている。本当かどうか別ですけれどね。だからそんなものは食べられないという。だいたいそのあたりです。

要するに、アメリカでやって日本に入ってきた。農薬汚染と同じ感覚で反対しているんです。もっとも、アメリカも許可するのが早過ぎたと思うんですね。なぜかというと、あれは農薬フリーの大豆だけなんですね。他の雑草を殺すために農薬を撒く。大豆は農薬フリーかもしれないけれど、その土地は農薬で汚染されているわけです。そういうレベルのものは本格的な問題解決ではないと思うんです。われわれの抱えている環境問題の解決ではない。とにかく、金さえあれば食べていけるんだというのは消費者運動にはないですね。

加藤 消費者運動ではなくて、〈…聞き取れず…〉。

 

25:タイムスパンの問題

 

唯是 それは企業との、タイムスパンの問題を間違ったんじゃないですか。エネルギーが不足しているという問題は、もっと長いタイムスパンの問題であって、それを単に現在に置き換えたという問題ではないですか。

加藤 最期は価格メカニズムに戻って必要なものは出てくるということはエネルギーのときに学んだことなんです。食糧の場合は、安全とか、いろいろな要素がある。

唯是 もっとタイムスパンを延ばした場合にどうなるかわからないけれど、短期的にはないです。僕も価格メカニズムは推奨しているんです。最初に言ったように自由化論者なんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から