日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


16:掘らないで置いておけばそれが即備蓄になるのでは?

 

山本 中国は産油国ですから、やろうと思ったら、アメリカがやっているようにすればいいんじゃないんですか? 石油の輸出を縮小してそれを備蓄にする。自分のところを掘らないで置いておけばそれが即備蓄になる。

十市 それは長期的な話ですね。そうではなくて、中東から油を買っているのが、突然にストップしたときの話です。

山本 中国は輸出をしているわけでしょう。

十市 輸出はしていますが、輸入の方が多いので、ネットでは輸入です。

山本 ですから、わたしが申し上げたのは、その輸出をぐっと減らす。わざわざ日本みたいに備蓄タンクを作らなくても、地元に眠っている資源を備蓄として使えば良い。

十市 タンクに備蓄してあれば、短期間でものすごい量をボーンと出せます。でも、原油の場合はそうはいかない。生産には時間がかかる。

山本 アメリカは使わないで置いていますね。

曽我 置いてあるとおっしゃるのは。

山本 埋蔵しているやつを、掘らずにいる。

十市 あれは、経済的に意味を持ちませんから、クローズしたんです。しかもこれはもう永久に使えなくなっちゃう。

山本 いざとなったら掘ればいいんでしょう。

十市 それは、そうはいかないんです。

 

17:自分のことだけ考えてオペレーションする中国

 

秋元 中国には、中東石油と自国生産石油との設備の区分けがあるのですか。中東石油の原油の質によって工場とかの設備は違うわけですか。

十市 それは曽我が詳しいですけれども、中国はローサル原油が中心です。ある程度は国内原油が処理できないと問題でしょう。ところが中東からこれが入ってきますと、どうなるか。今はとりあえず国内の原油と中東原油を混ぜてなんとかしのいでいますが、今後造る新しいリファイナリーでは、中東原油を処理できないといけない。

曽我 おっしゃる通りです。すこし長くなりますが説明しますと、例えばオマーン原油からはサルファー0.5%ぐらいの軽油が採れる。実は、中国には二次処理設備がないので、0.5%サルファーの原油が大量に必要なのです。そこで、中国は、オマーン原油をよく買うんです。その結果、価格がはねあがる。このオマーン原油は基準原油のひとつでして、「ドバイとオマーン」が価格を形成する基準原油になっている。中国が買うものだから、全体の価格が高くなるという問題が指摘されているほどに、中国は自分のことだけ考えてオペレーションするところがある。

メインはいま十市さんが申し上げましたようなことで、大慶原油ベースのそういう原油を処理しています。ミナースとかそういうものを、バクホとか、そういう似ているものを自分の製油設備に持ち込んで処理するという傾向があります。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から