日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


48:海戦に関する条約88条の全面的見なおし問題

 

布施 いまここでは説明しなかったんですが、次の大きな課題として、海戦に関する条約の全面的見なおし改正問題があるんですね。はっきり言えば、88条で、公海上における平和利用の原則が持ち出されたでしょう。それに対応するものです。人類のための海軍活動を前提にして、海洋における戦闘行為をどのような形でマニュアル化していくのかということが大きな問題です。今はそんなものは何もなくて、古い交戦法規しかないわけでしょう。これも、条約の大きな課題の一つなんです。それでアメリカ海軍はけっこうこの研究もしているし、アメリカ海軍そのものが、新しい国連海洋法条約に合致する海軍の活動を実定法化しない限り、違法だと言われる恐れがあるから、非常にまずい立場になる。そういう意味で、国連海洋法条約に沿った条約、特に海軍の行動に関するガイドラインその他のマニュアル化が必要で、それをしたいと思っているわけです。しかしアメリカ自身は、条約加入国ではないので、なにもイニシアチブをとることができないということですね。

 

49:参考文献案内

 

川村 最後の質問として、どなたかいかがですか。

平間 今日は、私のいままでの海洋に関するイメージとは全然違うイメージが提示されまして、大変ショックを受けまして、もう少し勉強したいと思うんですが、先生の書かれた本だとか、ほかのものでも、海洋法解説書はどんなものがよろしいですか。

布施 専門的なものか、啓蒙的なものかですね。われわれは研究しながら書いていますが、秋元さんあたりは解説的な論文をたくさん書いています。シリーズで書いていますから、それを見るだけでも、新しい海洋法はわかると思います。私には『国際海洋法序説』(酒井書店)という法律的な、新しい条約の枠組み、歴史を書いた本があります。そのほか私もけっこう論文も書いていますが、大きな流れを書きながら、啓蒙的な論文は秋元さんが書いていますから、ワンセットにして、秋元論文も読まれればいいと思います。

なまじ専門的な論文だと、堅苦しくてイメージが湧かないとかあるでしょう。それをご自分で咀嚼されるには、秋元さんが雑誌に書かれているから、秋元さんに聞いていただければ、だいたいわかります。1

 

1 秋元一峰氏の関連ペーパー等一覧

・ 「海洋の安定化とOPK」(『波涛』97年7月号)

・ 「オーシャン・ガバナンスとOPK」(『波涛』97年9月号)

・ 『シーパワー・ルネサンス』(防衛研究、97年1月)

・ 『海上阻止行動−その国際的取り組み−』(防衛研究所、96年3月)

・ 「ハリファックス海洋シンポジウム」(海上自衛隊誌『波涛』96年11月号)

・ 「海洋安定化への国際的取り組み」(防衛研究所第13回国際共同特別研究会報告書『オーシャン・ガバナンスとOPK』(98年1月))

・ 「シーパワーのパラダイムシフト」(『波涛』98年3月号)

・ 「海上防衛力の意義と新たな役割」(『防衛研究所紀要』第1巻第1号(1998年6月))

・ 「オーシャン・ピース・キーピング構想」(『環境ジャパン1999』(99年1月))

・ 「21世紀のシーパワーを視る(上)」(『波涛』98年 9月号)

・ 「21世紀のシーパワーを視る(下)」(『波涛』98年11月号)

・ 「Mission and Contribution of JMSDF in the post-Cold War and EEZ Era」(韓国海洋戦略研究所主催の国際海洋シンポジウム(98.12.1)で発表、同報告書に掲載)

・ 「国連海洋法条約とアジア太平洋地域の海洋安全保障協力」(防衛研究所、99年1月)

・ 「海洋管理の時代における海軍」(日本国際問題研究所『アジア太平洋の安全保障』、99年3月)

・ 「Ocean Peace Keeping-An International Initiative from Japan」(国連大学出版の『Japan Environment Outlook』(99.11.))

・ 「海軍力による「抑止」と「海洋安定化」−その幻想と現実−」(上)(『波涛』99年5月号)

「海軍力による「抑止」と「海洋安定化」−その幻想と現実−」(下)(『波涛』99年7月号)

・ 『軍による国際貢献』(共著。防衛研究所、2000年2月)

「東アジアにおける海洋の安全保障環境」『東アジア戦略概観』(防衛研究所編、2000年3月)

・ 「ユーラシア海洋世界とシーレーン防衛(第1部)」(『波涛』2000年5月予定)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
136位
(32,630成果物中)

成果物アクセス数
95,608

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年10月17日

関連する他の成果物

1.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
2.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から