日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


それでは、この先のお話は山内先生にお願いいたします。

 

これから約1時間にわたるお話のポイントは次のとおりです

1:縦割行政は親のかたき

2:地中海問題を研究する海外のネットワークが接触してきた

3:日本の海洋研究のネットワーク化はまだまだこれから

4:海洋環境モニタリングとは?

5:縦割行政が阻む産業廃棄物の環境に対する影響評価

6:日本でmitigationの思想を実践するには

7:富栄養化問題の解決を阻む縦割行政

8:ナホトカ号事故と縦割行政の欠陥

9:ネットワークと情報プラットフォームが不可欠

10:日本外交の優先的な課題だった漁業交渉

質疑応答

参考資料:NOWPAPについて

 

4:海洋環境モニタリングとは?

 

山内 ご紹介いただきました山内です。いま川村先生から、上手にまとめていただきましたので、わたしのほうでは、肉付けをするだけでいいかなと思うのですが、せっかくの機会であり、このレクチャーシリーズが啓蒙を目的としているとのことですので、環境に関する基本的なお話しからさせていただこうと思います。

まず、海洋環境モニタリングのお話からさせていただきますが、海洋環境モニタリングとは何か? これは、「海洋の生態系システムを保全すること」を目的としたプログラムであり、そのために「継続的に必要な情報を収集・分析する」社会的なプログラムであると定義されております。

これについては、3つの重要な課題があるのですが、1] 産業廃棄物の環境に対する影響評価 2] 産業利用から生ずる沿岸変化の緩和(mitigation)や湾岸海域の生物生産3 3] 石油流出等の突発的事故対処(ナホトカ号事件の事例)であります。

 

5:縦割行政が阻む産業廃棄物の環境に対する影響評価

 

環境問題は皆さんもうおなじみで、さまざまなデータが各省庁から発表されていますが、モニタリングが省庁間の縦割り行政の壁にさまたげられていることは、案外知られていない。日本では、実にさまざまな物質4 について、いま定義しました「モニタリング」が行なわれています。

 

3 産業化に伴い、海岸線が非常に大きな変形を被っているが、これを最低限に抑え修復する社会的なプログラムの手法をCoastal Mitigationと言う。

4 人工放射性核種、石油油脂、重金属(水銀など)、PCBなど有機塩素系農薬、ダイオキシン、有機スズ(船舶の塗料に使われている)、有機リンとカーバイト系の有機農薬、多環芳香族炭化水素(化石燃料を燃やすと出てくる)など。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から