日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


さて、このペースで委員長に続けてやっていただきますとお疲れになりますので、この辺で、高瀬先生からコメントを4、5分いただければと思います。

 

10:「ついにシーマンシップは地に墜ちたか」

 

高瀬 ご紹介あずかりました高瀬でございます。急になにかと言われても、ということですが、私が半年前にお話をしたあとにもいろいろな事件が起こっておりますので、その話でもさせていただきます。

12月の終わり頃、フランス沖でエリカという船が真っ二つに折れまして、油が相当流れてフランスの海岸をかなり汚染しています。これはトータルフィナーというフランスの石油会社がチャーターした船で、26年ぐらいたったボロボロの船なんです。これが真っ二つに折れて、たくさんの海の鳥も死んでしまったというので、ヨーロッパの新聞ではかなり詳しく報道されていますが、日本の新聞にはあまり出ていません。こういうことが毎日起こっているわけです。

もうひとつ、半年前に海賊の話をちょっとしたような気がするんですが、その話をしたあとで、日本の船員が乗ったアロンドラ・レインボー号という船が海賊にやられました。これが非常に悲しいことに、船から降ろされた船員はライフボートに移されてアンダマン海を漂流していたんです。その時のことですが、助かった船員らの証言によりますと、日本の新聞にはこれもあまり詳しく出ていなかったんですが、6隻ぐらいの船が沖合を航行していった。ミラーで太陽を反射させて信号を送るとか、発煙筒を打ち上げるなどいろいろなことをやってみたんですが、それに全部の船が気がついているにもかかわらず6隻とも知らん顔をして沖合を過ぎていってしまったというのです。最後には結局タイの漁船に助けてもらったようですが、「ついにシーマンシップは地に墜ちたか」というのが、これがイギリスの「フェアプレー」という古い海運雑誌のコメントでありました。

シーマンシップとは何かと言うと、仲間が遭難しているときには、どんな危険があっても救いに行くことなんです。海軍の場合は、やっつけた相手の軍艦や撃沈した相手の軍艦の乗組員も助ける。返り討ちにあうかも知れない危険も顧みずに助けに行くのがシーマンシップの伝統だったはずですが、「その伝統も失われてしまったか」という慨嘆の論説が出ていました。

簡単至極なつまらない話ですけれども、それほど世界の海運が変わってしまっているということなのではないかということをこのところ強く感じております。

 

11:「シーレーンさえ守られていればいいんだ」という商売人の立場

 

それと、今日の平松茂雄先生の講義(第6回研究委員会)にも、ちょっと話が出ましたが、シーレーンの保護については、われわれ海運業者にとってはスムーズに船が動いている限りは、あまり考えないでいい話なんです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から