日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


録音当日の講義室の雰囲気は生徒数を5名程度にして、アットホームにしました。その人数なら質疑の時間に全員が質問できるし、討論もはずむからです。そして、「生徒」も、実はそれぞれが何らかの分野の専門家なのです。たとえば、わたくし川村純彦(川村研究所所長)は、元海上自衛隊海将補で安全保障やミサイルの専門家です。秋元一峰さんは、防衛研究所主任研究員で米国の海洋戦略や海洋管理の専門家です。高瀬鴻(ひとし)さんは元日本郵船調査部長で現在は日本海運研究所評議員ですが、海運や保険の専門家です。加藤周二さん(国際経済政策調査会理事)は元通産省参事官で経済が強みです。平間洋一さんは歴史学者で日英同盟の専門家で元防衛大学校教授です。

生徒が5人といったのは、およその数で、ときには8人になったり9人になることもありますが、10人をこえることはありませんでした。どんな先生を招いたかは目次を参照していただきたいと思いますが、1] 環境について、山内康英・国際大学グローバル・コミュニケーション・センター教授、2] 世界海運が直面する諸問題について、高瀬鴻・元日本郵船調査部長、3] 新しい国際海洋法の思想とオーシャン・ガバナンスについて、布施勉・横浜市立大学教授、4] 海洋資源とりわけ石油資源について、十市勉・(財)日本エネルギー経済研究所理事と、曽我正美・同主任研究員、5] 漁業資源について、唯是康彦教授・千葉経済大学教授、6] 国際法とアジアの海洋研究組織について、大内和臣・中央大学教授、7] 中国の海洋進出については、平松茂雄・杏林大学教授の各先生にお話をうががいました。高瀬鴻先生の場合は、時に生徒であり、講師であったという例です。

 

広くて深いうみの問題

 

この1年は実に楽しい経験をさせていただきました。うみの問題は、本当に広くて深いというのがメンバーの実感です。そして、講師の先生がたには、講義と別に論文を提出していただきました。講義に即した論文である場合と、別のテーマになった場合がありますが、ジャーナリストや政策立案にたずさわる官僚・学者の皆様には、便利なレファレンスマテリアルとなるように執筆していただきました。

そして、さきほど申しましたが、7回の講義が全て終了したあと、これまでの講師の先生、マスコミ、官僚、学者をまねき、シンポジウムを開催したのです。1年間の勉強の後を振り返ると同時に、日本の海洋政策のあるべき姿を議論しました。この記録を議事録の冒頭にエグゼキュティブ・サマリー(「早分かり編」)として掲載いたしましたことは先に述べたとおりです。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から