日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

うみのバイブル2000(上)通巻第6巻

 事業名 公海の自由航行に関する普及啓蒙
 団体名 国際経済政策調査会 注目度注目度5


できあがった報告書は大部になりましたが、「誰に」「どのように」読んでもらいたいか。そして、「どんなことを考えていただきたいか」を次に述べます。

まず、読んでいただきたいのは政治家の皆さんです。この研究会にも若手国会議員の方に参加していだだきましたが、わが国の海洋問題への取り組みの現状と問題点の把握をしていただき、総合的な海洋政策立案の参考としていただければと思います。つぎに、政策立案者にお願いしたいことですが、総合的な見地からの問題の把握と海洋政策の立案の参考にしていただきたいという点に加えて、この冊子にも示しましたが、研究者のネットワークを大いに活用し、詳細かつ最新の情報の収集に当たっていただきたい。マスコミの方には、問題点の本質の把握と、国民啓蒙のための情報収集と、この冊子で紹介した専門家ネットワーク利用による詳細な情報収集をお願いしたい。研究者の皆様には、ネットワークの利用による情報交換と詳細情報の収集をお願いしたいと思います。

さて、3年間の研究を終了して、われわれが何を提言するかでありますが、下記のように委員長としてまとめてみました。

 

提言

 

わが国はその生存と繁栄を海に依存する海洋国家である。しかし、海洋国家日本に確たる海洋政策は見当たらない。海洋に関連する問題は、船舶の安全通航、乗員の養成、港湾施設、漁業、海洋資源開発、環境、海賊対策、海洋法条約、安全保障など、さまざまな問題が密接にからみあい、省庁間の枠ではとらえられない広さと深さを有している。すなわち、省庁間を横断する総合的対処が必要とされている問題である。

わが国が長期的観点にたって総合的な海洋政策を策定し推進するために政府内に政策策定および関係省庁との調整を実施する何らかのメカニズムを設置することが不可欠である。これまでの研究成果から、現在われわれが提言することができるのは、それら業務を支援するための常設調査研究機関の開設と、それを中心とする国内外のネットワーク作りであり、これこそが問題解決の糸口となりうるであろう。

2000年3月1日

公海の自由航行に関する普及啓蒙事業プロジェクト

委員長 川村純彦

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
138位
(33,608成果物中)

成果物アクセス数
97,132

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年6月12日

関連する他の成果物

1.フレッドハイム論文「変貌する国際海洋秩序:国連海洋法条約の影響」
2.ピント論文「海洋法における<理想>、<皮肉>、そして<現実>」
3.ウッド論文「最近の海賊行為とその影響(海事特別レポート)」
4.ゴルド論文 「海洋法の改訂に向かって:懐疑的、楽観的?それとも理想的、皮肉的?」
5.うみのバイブル2000(下)通巻第7巻
6.培養細胞を用いた海水の濃縮毒性試験に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から