日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


江戸いろはかるた

 

「いろはにほへとちりぬるをわかよたれそつねならむうゐのおくやまけふこえてあさきゆめみしゑひもせす」

この、47の仮名を重出させずに作られた「いろは歌」は、手習い歌や字母表(じぼひょう)として使われました。この意味は

「色は匂へど散りぬるを、我が世誰ぞ常ならむ、有為(うい)の奥山今日越えて、浅き夢見じ酔(え)ひもせず」

といわれ、「涅槃経(ねはんきょう)」の一節によるといわれています。かっては空海の作という説もありましたが、いまでは否定されています。

この、いろは47字に「ん」の代わりに「京」を加えて48字とし、この48字を題字とする「ことわざ」を使った教訓・教育用のカルタを「いろはかるた」といいます。なお、京、大坂、江戸そのほか地方によってことわざは異なっています。

いろはカルタは、18世紀末にできたものと推定され、正月の家庭遊技として昭和の初期まで続きました。

「江戸いろはかるた」とその解釈を次に掲げます。

 

い 犬も歩けば棒にあたる

何かをしようとすれば、それだけに災難は多いものだ。また、何かやっているうちには、思いもよらぬ幸運に会うこともある。

ろ 論より証拠

物事は、あれこれ論じるよりも、証拠によって明らかになる。

は 花より団子(だんご)

風流よりは実利をとる。外観よりも実質を重んじる。

に 憎(にく)まれ子世にはばかる

人から憎まれるような人にかぎって、かえって世間で幅をきかせる。

ほ ほね折損(おりぞん)のくたびれ儲(もう)け

せっかく苦労しても何の利益にもならず、疲労だけが残ること。

へ 屁(へ)をひって尻つぼめる

過ちをしたあとで、あわててとりつくろうとすること。

と 年寄りの冷水(ひやみず)

老人が冷水を浴びるような、老齢にふさわしくない元気のよいふるまいや高齢に不相応な危ないことをするのを、ひやかしたり警告したりする言葉。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から