日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


あ] あなたとは 音と光でよい会話

 

063-1.gif

 

自動車には、「ヘッドランプ」など照射用の他に「ブレーキランプ」「ウインカー」「ハザードランプ」などの意思表示に使われるライトが種々付いていますね。

ハザードランプなどは、いつ頃、誰が始めたのか分かりませんが、法定以外にも「ありがとう」の気持ちの表現としていつの間にか慣行として定着していますね。

それぞれのランプが他の通行車両や通行者に対して、運転者の意志を伝え安全を確保するものですが、左折・右折の表示が遅かったり、急にブレーキを踏まれたときの怖さを皆さんも何度か経験されていることでしょう。

ウィンカーの早めの表示、ブレーキの二回踏みなどはスムーズでかつ安全な交通を保つためには大切なことです。

船では音と光による「早め」の意思表示、これらによる会話が極めて重要です。

しかし、こうした観点からせっかく法定化されている信号が実際に行われているかというと、現実的にはその使用は少ないように思われます。もっと、積極的に信号により意志を表示するようにしましよう。

海上衝突予防法第34条に操船信号として、右転(短音一回・)、左転(・・)、機関後進(・・・)が、また、追越し(右−−・、左−−・・) 同意(−・−・)が規定されています。

他に、来島海峡、早靹瀬戸通過、一部特定港内、航路の出入りに関して、音響による信号の使用が規定されています。

声(汽笛)を出しこちらの意図を伝えましょう。また、夜間は光り方が分かりやすいときもあり、発光信号も併用しましょう。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から