日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


て] 天気現況 船気通(せんきつう)(船舶気象通報)

 

061-1.gif

 

あなたは「船舶気象通報」というものを知っていますか。

これは、海上保安庁が全国の主要な岬、島の灯台などにおいて、局地的な気象海象の観測を行い、その時点での状況(現況)を無線電話、テレフォンサービスおよびFAXで船舶などに提供しているものです。

 

1 観測場所、情報提供施設

観測場所およびその現況提供施設は次ページの図のとおりです。自船で時々聞いたらよいと思う場所について、その場所の電話番号などを抜き出してこの本のメモ欄などに記載しておくと便利でしょう。

2 現況の内容及び活用法

(1) 内容

天気、風向、風速、波、うねり、波高

(2) 活用法

最も活用されている「船気通(テレホンサービス)」は、舳倉(へくら)島灯台で、平成10年には1年間で118,440回の利用がありました。

1] 内航船などは、今から向かう海域の気象海象の状況を判断するために、当該海域の現在の海域状況を把握し、天気予報と照らし合わせて活用する方法。

2] プレジャーボートや釣り愛好者では、家を出発する前に現場の状況を把握するために活用する方法。

3] 自船の西方の海域の現況を把握し、今後の自船付近海域の気象変化を予想する方法。(一般的に気象は西方から変化するため)

3 使用上の注意事項

1] 岬の先端、島の一方の端などに位置する灯台などの観測地点の観測データなので、付近の地形の影響を受ける場合があるので留意する必要がある。例えば、陸上側からの風の場合は、背後の山などの影響を受けて風速、波浪の測定値は低くなることがある。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から