日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


や] 役に立つ 安全運航マイチャート

 

051-1.gif

 

沖合の航行ではレーダーやGPSプロッタなどで船位の確認を行っていても、狭水道通過や港への出入り時は目視、目測中心の操船になっていませんか。

1 自分で作る「安全運航図」の必要性

狭水道などは、安全に航行できるエリアが限られています。

こうした海域を通航する際に、特に考えておかなければならないことは、海上ではマイペースは叶わないということです。例えば、

○ 狭水道内で多数の漁船が操業中で、それを避航するために予定していたコースを航行できない場合

○ 行会い船との関係で、相手の不審な動作によっては大きな避航動作をとらざるを得ない場合

○ 予想外の大きな海潮流に流され、岸や浅所、定置網などに急に近づく場合

など、岸に近づいても乗揚げたりしないように「新たな判断」、それも「速断」を必要とすることが多々あります。

また最近は、高速船が多数就航していますが、これらの船舶が狭水道を通過する場合などは、高速故に「一々細かく位置を測定することが困難」という声も聞かれます。

いつも通る狭水道などでは、とかく経験、自信を裏付けとした目測、勘により操船をしがちですが、いかに慣れた航路、自信がある場所でも、いわゆる「ツボ」を押さえた操船が必要です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から