日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす



安全運航のいろは

事業名    海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
団体名    日本海難防止協会


の] 飲んだら立つな、立つなら飲むな

 

047-1.gif

 

船舶における飲酒に起因する事故の統計はありませんが、事故後の調査などによれば、飲酒による酔った状態での事故も散見され、また、当直時に酒気が残っていることによるボンヤリ運航、居眠り運航の危険も指摘されています。

 

1 適切な飲酒管理

ストレス解消、睡眠確保などの飲酒の必要性はある程度は是認されるものの、船では当然一般社会とは異なったスタイルでの飲酒が必要で、各自が自由気ままに飲酒してよい訳ではなく、適切な飲酒管理が要求されます。

2 注意事項

次の事項に注意して、飲酒に起因する事故を防ぎましょう。

1] 酒の影響を当直勤務に残さない飲酒をすること。

勤務状態に合わせ、また健康管理に適した飲酒時間、飲酒量に配意する。

2] 飲酒した乗組員で酔いが残っている人は、当直に立てないこと。飲酒により酔っている者については、当直の順番であっても当直者を交代させること。

3] 眠気防止の措置をとること。

(参考)

1989年にアラスカで発生した大型タンカー、エクソンバルディーズ号の乗揚げ、大量油流出事故の調査報告では、「船長がアルコール障害」と指摘されています。

OCIMF(石油産業国際海事評議会)は、1990年に定めた指針の中で、「アルコールにより能力が阻害されている者の操船規制」などの事項を勧告しています。

IMO(国際海事機関)は、STCW条約(船員の訓練及び資格証明並びに当直の基準に関する国際条約)に「薬物、アルコール防止プログラム」を入れ、また検査手続きマニュアルを検討するなど強い姿勢でこの問題に取り組んでいます。

過度の飲酒や薬物の濫用を厳しく規制していこうというのが最近の世界のすう勢です。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
694位
(33,950成果物中)

成果物アクセス数
15,747

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年1月15日

関連する他の成果物

1.海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」
2.海難防止用パンフレット(英文) 「Campaign for”Zero”Marine Casualty」
3.全国海難防止強調運動用ポスター
4.「海難防止のつどいスケジュール」プログラム
5.「海と安全」1999/4月号(No.483)
6.「海と安全」1999/5月号(No.484)
7.「海と安全」1999/6月号(No.485)
8.「海と安全」1999/7月号(No.486)
9.「海と安全」1999/8月号(No.487)
10.「海と安全」1999/9月号(No.488)
11.「海と安全」1999/10月号(No.489)
12.「海と安全」1999/11月号(No.490)
13.「海と安全」1999/12月号(No.491)
14.「海と安全」2000/1月号(No.492)
15.「海と安全」2000/2月号(No.493)
16.「海と安全」2000/3月号(No.494)
17.「海洋汚染・海上災害防止の手引き」
18.「きれいな海でマリンレジャーを楽しく」
19.海難防止の周知宣伝事業報告書(海難防止訪船指導)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]

アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から