日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海難防止用パンフレット「海難ゼロへの願い」

 事業名 海難防止・海洋汚染防止の周知宣伝
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


重要事項「船舶の点検・整備と航海用機器類の適正な使用」

 

背景

●プレジャーボート等の海難の増加が著しく、平成9年、10年の2年連続ワーストワンになっています。その海難の内容は、機関故障が約2割、その他衝突、転覆、乗揚げを含めると6割を超えています。

●近年、海難の比重が大きくなっている外国船(総トン数1000トン以上)をみても、操船不適切や船位不確認による乗揚げ、衝突及び機関取扱不良による機関故障が際立って多くみられます。

●これらの機関故障海難は、出航前点検、取扱慣熟などがなされていれば大部分が防げるものであり、乗揚げ、衝突についても、航海計器や操舵装置などの機器の整備、使用が適正になされていれば防ぎ得たものが多く見受けられます。

●このような状況をふまえ、上記の重点事項を設定し本運動を推進することにしました。

 

002-1.jpg

衝突し大破したプレジャーボート

 

002-2.gif

 

■外国船の海難種類別発生状況

002-3.jpg

 

■要救助船舶の用途別隻数の推移(台風及び異常気象下のものを除く。)

002-4.gif

 

002-5.jpg

走錨し海岸に乗揚げた外国貨物船

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,538位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
1,467

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.第23回 アジア太平洋造船専門家会議各国提出資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から