日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書

 事業名 LRT高速運転用信号システムの開発
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


5.4.8 乗車係数と停車時秒の関係

前項で乗車係数を変化させた場合について論じたが、この乗車係数pは、5.4.3項で示したように一人当たりの乗車に要する所要時秒を表している。この値の変化が停車時秒にどのように影響をあたえるかを都交通局王子停留所B線の乗車人員と停車時秒のデータに図示したものを図-5.4.19に示す。

図-5.4.19に実線で示した相関係数線が本シミュレーションの標準的な係数P=1.2を示し、図-5.4.3に示したものと同一である。

それ以外の線が今回、乗車係数を変化させた場合を示し、停車時秒との相関を理解戴けものと考えている。

074-1.gif

図-5.4.19 乗車係数と停車時秒の関係図

 

5.4.9 旅客流動の影響と利用者の視点からの評価のまとめ

乗客の立場にたって、旅客の流動状況の影響によるLRVの走行シミュレーションを実施し、その結果を考察した。これらの検討結果から次のことが明らかにされた。

(1) 乗降パターンをモデル化し、都交通局荒川線の調査データを基に、乗降人員と停車時秒の関係を定数化して、列車遅れのシミュレーションを実施した結果、所期の目的を達成し、本シミュレータの有効性を確認した。

(2) シミュレーションの結果からいずれも在来車では、遅れが伝播し、混雑率も損失時分も増大することが認められた。

(3) 一方、LRVは、与えられた遅れが回復し、混雑率も急激に増大することが防止され、利用者の立場からも満足できることが確認された。

(4) LRVは回復力が高いので、先行列車に接近することが多く発生する。そのため、提案の出発抑止機能を活用した等時隔制御方式の採用が効果を示し、ダンゴ運転の解消に有効であることが確認された。

(5) 乗降パターンを変化させた場合のシミュレーションにより、乗降パターンbの場合、乗車人員の多い停留所における遅れが増加するので、乗降パターンaの場合に比し、遅れが増大し、混雑率、損失時分とも増加することが示された。

(6) 乗車係数を変化させた場合のシミュレーションにより、1人当たりの乗車係数pの増加が遅れ時秒を増大させることが示されたので、運賃収受方式の短縮化等により停車時秒を短縮化することが必要であることが確認された。

(7) 以上の結果からLRVの高速化、高加減速化の効果が高いことが確認された。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
23,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から