日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

LRT高速運転用信号システムの開発事業研究報告書

 事業名 LRT高速運転用信号システムの開発
 団体名 日本鉄道電気技術協会 注目度注目度5


d. GPS車両位置検知精度

今回の現車試験では、GPS位置検知情報と比較できる正確な車両位置情報を取得していないことから、GPS車両位置検知精度は、マップマッチング処理により線路上に補正した距離で分析することとする。この際、ディファレンシャルの有効時と無効時では検知精度が異なることから、分けて整理する。また、走行中と停車中も分けて整理する。図4.3-9にGPS受信状況の良くない11月9日A線午前中のマップマッチング補正距離の度数分布を示す。なお、走行中に交通信号機の赤信号で停車したものは、走行中に含められる。また、図4.3-10にマップマッチング補正距離と車両走 行位置との関係を示す。

これらより、以下が判明した。

1]ディファレンシャル有効時と無効時では検知精度に大きな差がある。

2]停車中と走行中では、停車中の検知精度が高い。

3]ディファレンシャル有効時の停車中では、全てが14m(都電荒川線の車両長)以内に収まっている。一方、走行中で14m以内に入るのは約95%と若干低下し、その最大値は21mとなっている。推定される理由としては、FM受信回復時の単純な処理遅れや、前述したスムーズイング処理などでFM受信が回復してディファレンシャル処理データが正確になっても徐々に回復させること、などが考えられる。

4]ディファレンシャル無効時14m以内に入る率は、停車時で約73%、走行中では約56%と低下し、停車中の最大で28m、走行中では37mを示すものも見られる。

5]最大補正距離は町屋駅前で観測された。町屋駅前は上空は開けているが、東京タワー方向に高層ビルのある場所で、マルチパスなどによりGPS自体の検知誤差が多い上に、FM受信不良でディファレンシャルが利かないことなどがその原因と想定される。

 

4.3.4 評価

(1) GPS車両位置検知の有効性

本システムにおけるGPS車両位置検知情報は、

・停留所間の車両在線検知

・高速進行信号消去のための車両走行位置検知

・停留所での到着検知

の処理に使用される。そこで、上記試験結果に基づいてこれらの処理に有効であるか否かを中心に評価する。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
483位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
23,998

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.事業完了報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から