日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

99年度大阪被害者相談室活動報告「広がる支援の輪」

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


第25回全米被害者援助機構(NOVA)全国大会参加およびLACAAW、LTSC訪問(1999年8月29日〜9月5日)

 

報告 及川栄

 

はじめに

 

1995年阪神淡路大震災時の「心のケア」のボランティア活動を基礎に大阪被害者相談室が出来て5年目に入ろうとしている。日本の全国被害者支援ネットワークが出来て3年目になろうとしているし、昨年の1999年5月に被害者の権利宣言を出すことができた。ここ2、3年の間に被害者が置かれている状況が理解されるようになり様々な所での被害者支援活動が行われ始め、全国的な被害者の会も設立された。日本の被害者支援活動は開始されたばかりである。このような時期にアメリカのNOVAに参加出来る機会を与えられたことは良い機会でもあり、またNOVAに参加したことによって2ヶ所の支援センター訪問の機会を得たことは、更なる喜びでもありました。ここに拙いながらも報告をさせていただきます。

 

25th Anniversary NOVA Conference Victim Assistance:Moving Toward the Next Millennium

(被害者支援:21世紀に向けて)

 

第25回NOVA全米大会は以下の日程と内容で開催された。

 

I. 場所 カリフォルニア州 ロサンゼルス Beverly Hills The Century Plaza Los Angeles (Westin Hotel and Tower)

 

II. 日程 1999年8月29日(日)〜9月3日(金)

 

8月29日(日)

オリエンテーション ワークショップ

外国人歓迎レセプション(19時〜22時)

 

30日(月)

登録 開会式(9時半〜)全体集会 会員ミーティング

ウェルカム・レセプション(19時〜22時)

 

31日(火)

ワークショップ 昼食会と表彰式

 

9月1日(水)

被害者の言葉 ワークショップ

サイレントオークション

 

2日(木)

ワークショップ NOVAオリンピック 夕食会

 

3日(金)

閉会式(被害者の権利:アメリカのこれから)

 

III. ワークショップのテーマ別メインタイトル

(Tracks are Organized According to The Following Themes)

 

1. Counseling and Advocacy(カウンセリングとアドボカシー)

危機介入と最大限の努力を要する基礎的スキル

サブテーマ:基本的な生活心理サポート

講師:Micheal Dinneen 国立海軍医療センター精神医学部主任ドクター

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,985位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
1,151

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「Just in Case・・・」パンフレット
2.石川被害者相談室だよりVol.1
3.石川被害者相談室だよりVol.2
4.石川被害者相談室だよりVol.3
5.広島犯罪被害者心の支援センター会報No.4
6.静岡犯罪被害者支援センターリーフレット「あなたの『こころ』を応援します」
7.長野犯罪被害者支援センターリーフレット「みんなのこころが集まって」
8.長野犯罪被害者支援センターポスター「みんなのこころが集まって」
9.長野犯罪被害者支援センターだより創刊号
10.「ナーシングアート大阪」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から