日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

99年度大阪被害者相談室活動報告「広がる支援の輪」

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


「大阪被害者相談室の相談員となって三年が過ぎようとしています。

私は、ここでボランティア活動をしているという以前に、カウンセリングを学ぶ人に活動の場を提供して頂いているという気持ちで所属させて頂いています。研修に参加するたびに、自分の不感動さや無勉強を思い知らされ、自分はまだまだ“相談者の心により添って聴く”ということに程遠いなあと落ち込んだり、また、『あ、あの時のあの聴き方はあれで良かったんだ』と再確認して少し自信がついたりといったところです。相談を受ける中では、相談者の方から直接に激しい怒りの言葉をぶつけられることもあります。そんな時、相談員として返す言葉を持てず、ただ耐えて聴くという姿勢しかとれない状況に陥りがちです。ところがよく聴いているうちに、相談者のかかえている怒りの裏にあるとても淋しい気持ちに気づくようになり、受け入れられるようになっていきます。私たちが相談者の気持ちに寄り添って聴いてあげられるようになることが、相談者の方の力の回復につながることを、折々の研修を通じて講師の先生や相談員同士で確認しあっています。三月の研修は、西澤先生の『DVと子どもの被害』の講演で、怒りや恨みの裏にある悲しみを見ていくのですよ、というお話を、とても心に染み入る思いで聴きました。

今後もできるだけ研修には参加し、学者・研究者の講演を聴く中で、少しずつでも“相談者に話してもらえる相談員”になりたい、と思っています。これからも仲間の方たちといっしょに、日々研鑚を重ね、近い将来『ここに電話したら聴いてもらえる』と、受話器がいつも上がっている相談室となることを夢見ています。」    (B.A.)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,032位
(31,861成果物中)

成果物アクセス数
1,158

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年4月4日

関連する他の成果物

1.「Just in Case・・・」パンフレット
2.石川被害者相談室だよりVol.1
3.石川被害者相談室だよりVol.2
4.石川被害者相談室だよりVol.3
5.広島犯罪被害者心の支援センター会報No.4
6.静岡犯罪被害者支援センターリーフレット「あなたの『こころ』を応援します」
7.長野犯罪被害者支援センターリーフレット「みんなのこころが集まって」
8.長野犯罪被害者支援センターポスター「みんなのこころが集まって」
9.長野犯罪被害者支援センターだより創刊号
10.「ナーシングアート大阪」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から