日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

99年度大阪被害者相談室活動報告「広がる支援の輪」

 事業名 犯罪被害者対策の推進
 団体名 犯罪被害救援基金 注目度注目度5


電話の前で

 

「早くも3年が経過しようとしている。最初の頃の不安と緊張は少しなくなっているが、それが悪い方に向かっていると思う時もある。受けながら、知らず知らず分類を始めたりしてしまう事である。電話の向こうにおられる方に気持ちを寄せるより前に、『この方の場合は』などと頭の方が動きだしてしまったりする。気がついて深呼吸し、相手の方の声に聞き入る。電話のかけ手の方の経験を共にする事は出来ないが、少しでもわかろう、気持ちに近づこう、と目をつぶる。息づかいや声の色にも気づくことが出来てくると、こちらの受け答えによっては少し明るくなられたり、元気になられたりしてくるのがわかる時ホッとする。声が変わってこられたのが鮮明な時はその通りを言葉にしてみる。『少し声が明るくなられたように聞こえますが』『あら、そうですか』そして2人で喜び合えたりできる時は嬉しい。最近、若い方からの電話もあるようになった。こんな時はつい母親の声になったり気持ちになったりして、気持ちに寄り添うことよりお説教じみたことを言いたくなる。『責任を持って』とか『大丈夫、頑張ってみたら』とか、我子なら嫌がるようなセリフが口に出てしまい、『いけないいけない』と自戒するがまたやってしまう。若い人が、こんな所に電話しないでもよい世の中だと良いのにと心から思う。3年目の今は電話の件数もぐっと増えて、『知ってくれる人が増えたのは良いけれど、ここが忙しいのは良いことではないんだよね』と一人言が出る昨今である。」    (H.N.)

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3,985位
(31,488成果物中)

成果物アクセス数
1,151

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年9月21日

関連する他の成果物

1.「Just in Case・・・」パンフレット
2.石川被害者相談室だよりVol.1
3.石川被害者相談室だよりVol.2
4.石川被害者相談室だよりVol.3
5.広島犯罪被害者心の支援センター会報No.4
6.静岡犯罪被害者支援センターリーフレット「あなたの『こころ』を応援します」
7.長野犯罪被害者支援センターリーフレット「みんなのこころが集まって」
8.長野犯罪被害者支援センターポスター「みんなのこころが集まって」
9.長野犯罪被害者支援センターだより創刊号
10.「ナーシングアート大阪」パンフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から