日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

The Suffocation Of HongKong

 事業名 国際的人材育成と研究活動推進のための基金の増額(Further endowment of fund for following-up
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


The saying changed to "You'll never get anywhere betting against Hong Kong."

The purpose of this book is not to "bet against Hong Kong."

It is to bet for freedom of the press in Hong Kong as a catalyst to getting Hong Kong back on the road to prosperity, creativity and to fulfilling its promise as China's greatest international city.

 

While there are plenty of threats to press freedom in Hong Kong, this book covers at least two phenomena that could be said to be encouraging, that is working toward freedom of the press in Hong Kong.

One of these is the example of the rambunctious quest for democracy shown by Taiwan. Press freedom and the demand for freedom of expression shown in the growth of cable television are part of this syndrome.

Hong Kongers once were haughty and disdainful of "rough" Taiwan residents and their nouveau riche ways. The tables have turned; See Chapter Six as Professor Lo Ven-hwei guides us through "Hong Kong as Perceived from Taiwan."

The other force working toward openness, not only in Hong Kong but across vast China, is the Internet. Imagine my surprise in 1997 when I received a comment on one of my columns from a teacher on Hainan Island. Nowadays, such exchanges are commonplace and seem to be allowed as long as there is no criticism of the Communist Party detected. See Chapter Nine "Internet, Books & Dissidents."

The Suffocation of Hong Kong, after all, is reversible if enough people take an active position toward press freedom. And see Chapter 11, "Conclusion & Recommendations."

 

There was bound to be some slippage in Hong Kong's fine-tuning after the handover. As Jimmy McGregor, 72, a Scot who has lived in Hong Kong since the 1950s said, "A Rolex watch is being taken over by a garage mechanic." (1)

 

 

 

BACK   CONTENTS   NEXT

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,812位
(32,450成果物中)

成果物アクセス数
4,722

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年8月1日

関連する他の成果物

1.Glossary of Japanese Transport Policy(運輸用語辞典)
2.海と日本 ビデオ第3作「海賊一村上一族盛哀記一」
3.海と日本 ビデオ第4作「北前船奔る」
4.海と日本 ビデオ第5作「琉球の時代」
5.海と日本 ビデオ第6作「マラッカ海峡?世界が出会う海の交差点?」
6.GFRS政策シリーズ第12号「自由党の政策構想と自自連立?鈴木淑夫?」
7.GFRS政策シリーズ第13号「6月の総選挙に向かって?インドネシアの現状と展望?白石隆」
8.GFRS政策シリーズ第14号「東アジア危機とIMF?白井早由里?」
9.GFRS政策シリーズ第15号「銀行セクターの近況と未来?小原由起子?」
10.GFRS ISSUES SERIES No.11 「共和党多数議会とクリントン政権の行方、そして日米関係の将来像を模索する ?デビット・ファンダーバーク氏?」
11.GFRS ISSUES SERIES No.12 「国を超えたシビル・ソサエティ?オタワ・プロセス、そして今後? ?目加田説子?」
12.GFRS ISSUES SERIES No.13 「ノン・プロフィット:アメリカの教育に果たす役割から ?上野真城子?」
13.GFRS ISSUES SERIES No.14 「混迷するロシア政局と今後の日ロ関係?岸田芳樹? ?上野真城子?」
14.GFRS ISSUES SERIES No.15 「中央省庁等革命問題 ?田中 一昭?」
15.GFRS ISSUES SERIES No.16 「日本は何を目指しているのか:日本の安全保障を考える?長島昭久?」
16.GFRS ISSUES SERIES No.17 「戦火の果て コソボ紛争 現場から?外岡秀俊?」
17.GFRS ISSUES SERIES No.22 「東ティモール問題?その過去と未来、そして世界と日本?貴島正道?」
18.GFRS ISSUES SERIES No.24 「パキスタン・クーデター’99?政治的・経済的視点からの分析?小田尚也?」
19.GFRS ISSUES SERIES No.25 「新しい文化=芸術を創造するために?市村作知雄?」
20.作品別(月別)実施回数一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から