日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

Glossary of Japanese Transport Policy(運輸用語辞典)

 事業名 国際的人材育成と研究活動推進のための基金の増額(Further endowment of fund for following-up
 団体名 東京財団政策研究所 注目度注目度5


Increase in the transportation capacity of urban railways

Increasing the transportation capacity of urban railways means boosting the capacity of urban high-speed railway services in various ways to meet the demand at peak hours. More specifically, this is a generic phrase covering a wide variety of capital investment measures, including increases in the number of coaches, improved traffic signal systems to shorten service intervals, elevated rails in urban areas (abolishing railway crossings) for faster services, linking suburban trains directly with subway lines in city centers, and providing triple-track services for high-volume routes. To ease the congestion of urban railway services in Tokyo, Nagoya, and Osaka, private railway companies have been implementing since 1961 an 8-stage plan to boost transportation capacity. The JR group also conducted a special campaign to increase transportation capacity in the Tokyo metropolitan area before its privatization. To date, this remains as one of the most significant tasks the Japanese railway industry faces.

 

Railway development programs

The Council for Transport Policy is an advisory body, comprising academics and industry experts, to compile a set of policy recommendations to the Minister of Transport. Among its recommendations is the plan to improve urban railway systems in Tokyo, Nagoya, and Osaka areas. Urban railways include urban high-speed railway services (the railway division of JR and private railway services, and medium-distance JR services), subways, lightweight automated guided transit, monorails, and tram services. In Tokyo, a recommendation was made in July 1985 to build new lines and improve existing services for a section of 561km, 230km of which has already been completed. The recommendation for Nagoya in January 1992 involved 290km section of railway, with about 30km already completed. In Osaka, the May 1990 recommendation involved 333km, about 60km of which has been completed.

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
376位
(33,823成果物中)

成果物アクセス数
29,793

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年12月4日

関連する他の成果物

1.海と日本 ビデオ第3作「海賊一村上一族盛哀記一」
2.海と日本 ビデオ第4作「北前船奔る」
3.海と日本 ビデオ第5作「琉球の時代」
4.海と日本 ビデオ第6作「マラッカ海峡?世界が出会う海の交差点?」
5.The Suffocation Of HongKong
6.GFRS政策シリーズ第12号「自由党の政策構想と自自連立?鈴木淑夫?」
7.GFRS政策シリーズ第13号「6月の総選挙に向かって?インドネシアの現状と展望?白石隆」
8.GFRS政策シリーズ第14号「東アジア危機とIMF?白井早由里?」
9.GFRS政策シリーズ第15号「銀行セクターの近況と未来?小原由起子?」
10.GFRS ISSUES SERIES No.11 「共和党多数議会とクリントン政権の行方、そして日米関係の将来像を模索する ?デビット・ファンダーバーク氏?」
11.GFRS ISSUES SERIES No.12 「国を超えたシビル・ソサエティ?オタワ・プロセス、そして今後? ?目加田説子?」
12.GFRS ISSUES SERIES No.13 「ノン・プロフィット:アメリカの教育に果たす役割から ?上野真城子?」
13.GFRS ISSUES SERIES No.14 「混迷するロシア政局と今後の日ロ関係?岸田芳樹? ?上野真城子?」
14.GFRS ISSUES SERIES No.15 「中央省庁等革命問題 ?田中 一昭?」
15.GFRS ISSUES SERIES No.16 「日本は何を目指しているのか:日本の安全保障を考える?長島昭久?」
16.GFRS ISSUES SERIES No.17 「戦火の果て コソボ紛争 現場から?外岡秀俊?」
17.GFRS ISSUES SERIES No.22 「東ティモール問題?その過去と未来、そして世界と日本?貴島正道?」
18.GFRS ISSUES SERIES No.24 「パキスタン・クーデター’99?政治的・経済的視点からの分析?小田尚也?」
19.GFRS ISSUES SERIES No.25 「新しい文化=芸術を創造するために?市村作知雄?」
20.作品別(月別)実施回数一覧表
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から