日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 歴史 > 地理.地誌.紀行 > 成果物情報

「玖島城址及び城下町武家屋敷街跡」調査報告書

 事業名 観光資源の調査及び保護思想の普及高揚
 団体名 日本観光振興協会 注目度注目度5


第6章 大村の町並み保存とまちづくり

 

1. 武家屋敷通りの町並みの保存

 

前章までに見てきたように、大村には貴重な文化財が多く残されている。特に、微地形にそって石垣・石塀の連続する通り景観が複数存在し、大村藩時代の面影を彷佛とさせる。このような景観は、全国的にも非常に貴重であるといえる。

また、武家屋敷については、現存するものは少ないが、江戸時代に建てられ、空家になっているものについては、早急に保存策が講じられる必要がある。

しかし、玖島城下全体では、神社や大村藩の遺構なども含めて、景観としてはよく保存されている。伝統的建造物群保存地区の導入など、考えられてもいいだろう。この場合、武家屋敷地区では敷地割が保たれていれば、敷地内の建物が更新されている、あるいはない場合でも対象となっており、青森県弘前市、山口県萩市などのような事例もある。

さいわい、大村市都市計画課を中心に街路の整備などが進められている。史跡・文化財を核として、散策道路計画も整備されようとしている。一方で、都市景観条例の整備が進められているが、文化財の保存との連携がはっきりと見えてこない。他都市では、古い町並みを伝統的建造物群保存地区として都市景観条例の中心に位置づけている事例も多い。大村市にも、そのような対策が望まれる。

 

2. 文化財としての登録

 

(1) 登録文化財制度の全国的な動き

もうひとつ、新しい制度として文化財登録制度がある。これは、新しい制度なので以下に紹介する。

文化財登録制度は市町村から始まった。先進事例として神奈川県横浜市や北海道小樽市などがある。ほとんどの場合、自治体独自で歴史的建造物の実態調査を行い、審議会等で登録物件をリストアップしたり、登録の候補を決定する。その後、所有者の同意を得る所もあれば、通知に留まる所もある。

所有者が自ら登録を希望するケースは、全くない訳ではないが希である。このような場合、登録のための調査や審議が必要になり、登録までに時間がかかることが多い。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
843位
(33,355成果物中)

成果物アクセス数
12,634

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2021年5月8日

関連する他の成果物

1.二丈町姉子の浜の鳴き砂保全活用調査報告書
2.「城下町彦根の町なみ?歴史的景観の調査と保存修景?」調査報告書
3.自然と文化 第61号「アジアの柱建て祭り」
4.自然と文化 第62号「瀬戸内を生きた人びと」
5.自然と文化 第63号「御幣」
6.「下呂温泉まつり」ポスター
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から