日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

先進的な環境対策活動モデル事業報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


(2) ANSERシステムの概要

続いて株式会社NTTデータの提供するANSER(Automatic answer Network System for Electrical Request)システムについて検討する。

1] システム概要

ANSERシステムには、ANSER-SPCシステム、及びインターネットを活用したANSER-WEBがあるが、全銀方式同様、企業間取引に活用できるのはクローズドな専用線を活用するANSER-SPCシステムのみである。

サービス概要は以下の通りである。

・公衆網(電話網、ISDN網)経由でパソコンからANSERシステムを通じて金融機関に接続し、明細照会、振込/振替等の銀行取引をリアルタイムに行うことのできるサービス。

・伝送においてはパソコン〜ANSERセンタ間で暗号化通信を行う。

・API(アプリケーションプログラムインターフェース)連携機能を持っており、ANSER-APIに対応した会計ソフト等とのアプリケーション連携が可能。

・アプリケーション側で作成したデータを送信データとして流用したり、ANSERから取得したデータをそのままアプリケーション側に受け渡し、加工・編集が容易に行える。

・全銀協制定のEDI情報に対応し、振込/振替時にEDI情報を同時に送信したり、受け取る明細データにEDI情報を出力することも可能。

資料)http://www.dokodemobank.ne.jp/spc/bank/anser-spc/index.htmlより作成

図3-2-6 ANSERシステムの概要

036-1.gif

資料)NTTデータホームページ

http://www.dokodemobank.ne.jp/spc/bank/anser-spc/index.html

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,442位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
7,404

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.新海上交通システムの調査研究報告書
3.エコ交通に関する調査研究報告書
4.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
5.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
6.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から