日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新海上交通システムの調査研究報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


5.4 地球温暖化防止にかかる費用対効果

 

5.4.1 炭酸ガス削減効果

輸送機関ごとCO2排出量の試算を行い、新海上交通システム導入による炭酸ガス削減効果の比較を行った。

九州〜南関東および関西間の輸送機関別CO2排出量試算結果は、以下のとおりである。

 

表5.4.1 輸送機関別CO2排出量試算結果

051-1.gif

 

新海上交通システムの導入によるCO2削減率は定量的に見た場合、消席率70%の貨物量の輸送においては九州〜南関東で約40%、九州〜関西で約30%前後の削減効果が見られる。すなわち、輸送機関の新海上交通システムへの移行が図られれば、トラックの走行台数が減少することとなり、結果として地球温暖化の原因の一つとされているCO2排出量の抑制が可能となる。

5.4.2 新海上交通システム導入の費用対効果

現在のトラックを中心とした物流体系については、環境面、労働環境面から問題があり、その代替機関として海上へのモーダルシフトを推進していく必要がある。

新海上交通システムは、これまでに検討してきたように、荷主に対する物流サービスという観点からはトラックに対して充分な経済性を有している。したがって、新海上交通システムを実現させるための規制の合理化、港湾等のインフラ整備がなされれば、民間の事業としての新海上交通システムの普及が進むものと期待され、前項5.4.1に述べたようなCO2の削減効果が期待されるものである。

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,322位
(34,899成果物中)

成果物アクセス数
8,245

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月6日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から