日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

新海上交通システムの調査研究報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


はじめに

 

本報告書は、「新海上交通システム」についての調査研究結果をとりまとめたものである。

地球温暖化対策として、CO2排出量の削減等の社会的要請に応えるために、物流分野においては、効率的な大量輸送が可能な国内海上輸送サービスの利用を拡大する、いわゆるモーダルシフトの推進が急務である。

現在、海上交通システムが提供するサービス速度と、貨物が必要とする輸送速度との間にギャップが存在するため、高速貨物の物流について、海上輸送へのシフトが進展していない。高速貨物の物流について、海上輸送モードへのシフトを促進するための方策と、その費用対効果を検討することは、運輸交通分野における環境事業の将来ビジョンを作成する上でも重要な課題の一つである。

そこで、高速運送を必要とする貨物量を調査し、この貨物を対象として、トラック輸送に匹敵する速度と、これを上回る経済性を両立する新海上交通システムが実現できるか否かについて、既存の港湾インフラや規制等による制約にとらわれずに検討をした。さらに、当該海上交通システムの導入によるCO2削減効果についても検討を行った。

調査に当たっては、学識経験者、海運事業者、造船事業者、関係省庁の方々からなる「新海上交通システム調査研究委員会」を設け、指導、助言を得ながら推進した。本委員会の小山委員長をはじめ、各委員の方々、ならびに調査にご協力いただいた多くの皆様方に深く謝意を表す次第である。

本報告書が、関係者の方々をはじめ、地球環境問題の解決を推進する方々の一助となれば幸いである。

 

平成12年3月

交通エコロジー・モビリティ財団

会長 大庭 浩

 

 

 

目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,326位
(35,139成果物中)

成果物アクセス数
8,300

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年9月24日

関連する他の成果物

1.環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から