日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

環境事業将来ビジョンに係わる調査報告書

 事業名 運輸交通における地球環境問題に関する調査研究
 団体名 交通エコロジー・モビリティ財団 注目度注目度5


(2) 課題達成の方法と今後の計画

 

1) 短期、中期、長期の事業課題の抽出

当財団の強みは、基本的には運輸関連の行政や事業者とのつながりにあり、実績的には先駆的なモデル事業をある程度実施してきたことにあると考えられる。

一方、課題は人材やノウハウ、資金面での事業の制約、自治体や地域とのつながりが弱いこと、独自領域や手法、統一した方向性が不十分ということにある。

そこで、強みを生かしながら、課題を解決し、将来の事業ビジョンを達成することが必要になる。

各事業分野における財団の強み、課題は、図表3-2に示したとおりである。

2) 課題達成の方法の検討

図表3-3には、エコモ財団の内部資源と外部環境の視点でみた事業の位置づけを示す。

この図で、財団に内部資源があり、外部環境的に独創性と効果が期待される事業は、財団の既存経営資源を生かして短期的に取り組む。

外部環境的に独創性と効果が期待されるが、財団の内部資源が十分でない事業は、外部と連携したり財団の経営資源を強化することで、中期的に取り組む。

一方、財団の内部資源が十分あるが、独創性と効果が十分でない事業は、効果が発揮できる時期を見計らったり、事業の独創性を増す方策を検討し、中期的に取り組む。

また、財団に内部資源がなく、外部環境的にも独創性と効果が期待されない事業は、基本的に取り組まないが、外部環境が変化したり、財団の内部資源が強化された場合、長期的に取り組むことを検討する。

いずれにしても、課題達成の基本的な方法は、人材やノウハウ、資金等に係わる内部資源の強化と、外部との連携やネットワーク構築といった外部資源の活用にある。

ただし、限られた資源の中で、適切な事業テーマをみつけ、すばやく対応するという面も必要である。また、事業の位置づけについても社会的関心の高い事業と地道な継続的事業等に分け、適切な事業内容や事業方式を選択することも必要になる。これらの面での人材育成・活用も極めて重要であるといえる。

各事業分野における必要な方策は、図表3-2に示したとおりである。

 

 

 

前ページ   目次へ   次ページ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,459位
(35,367成果物中)

成果物アクセス数
7,449

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年12月3日

関連する他の成果物

1.新海上交通システムの調査研究報告書
2.エコ交通に関する調査研究報告書
3.短時間のアイドリングストップの有効性実測報告書
4.一般商船による北太平洋の温室効果ガスの観測報告書(2)
5.鉄道車両内への自転車持ち込みに関するモデル事業調査報告書
6.先進的な環境対策活動モデル事業報告書
7.「エコドライブのすすめ」リーフレット
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から