日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

海事の国際的動向に関する調査研究事業報告書(海難防止の国際的動向に関する調査研究)

 事業名 海事の国際的動向に関する調査研究
 団体名 日本海難防止協会 注目度注目度5


 海上安全の問題は国内だけでは推進できるものではなく、国際協調が不可欠である。
 従って、常に国際的な動きに注目する必要があるため、本年度もIMO(国際海事機関)のMSC(海上安全委員会)、NAV(航行安全小委員会)、COMSAR(通信・捜索救助小委員会)等に対しては積極的に参画を図り、アドバイザーとして我が国代表を補佐するとともに、我が国の適切な対策立案に寄与し、海上安全の推進に資することを目的とした。
 なお、IMOの事情によりCOMSARの開催が延期され、平成11年7月の開催となったため、本年度はMSC69、70及びNAV44の3会議に参画した。


2 調査項目

IMO会議の議題である下記の項目を中心として、調査研究を行った。

(1)各国航行安全対策の強化(強制船舶通報制度及び分離通航方式)

(2)SAR条約の見直し

(3)HSSとCOLREGの改正

(4)海賊及び武装強奪

(5)ENC及びECDIS


3 調査の経過

(1)委員会

 委員会を開催して、IMO会議で審議される議題に関連し、我が国における問題点、対処方針等を調査検討した。
 当協会ロンドン連絡事務所との連係のもと、各国の関連情報を収集し、解析・検討を行った。

(2)IMO会議への出席

 IMO会議で審議される事項については、特に我が国が慎重に対応しなければならない重要課題であるため、次の会議に調査員を派遣・出席させ、委員会における研究結果を踏まえ、当協会ロンドン連絡事務所との密接な協力のもと、我が国の意見の反映を図った。

@第69回 MSC (平成10年5月11日 〜 20日開催)

A第44回 NAV (平成10年7月20日 〜 24日開催)

B第70回 MSC (平成10年12月7日 〜 11日開催)

(3)事業の実施経過表

 

 

 

 


前ページ    目次へ    次ページ

 

第1章 調査研究の概要

1 目的






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,936位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
2,096

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.「海事の国際的動向に関する調査研究」の報告書
2.船舶のバラスト水管理方策に係る調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から