日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 社会 > 成果物情報

教養誌「ほのお ’99/2号」

 事業名 消防資料の発行
 団体名 全国消防協会 注目度注目度5


Hello Firefighter

 

022-1.gif

女優 松嶋 菜々子さん

 

"女優というお仕事に似ているかもしれません"

「ピーポー・ピーポー」。この音を聞くと松嶋菜々子さんは緊張する。フジテレビ系「救命病棟24時」(火曜夜九時)に出演の松嶋さんは一日二四時間、救急車の音の中で働いている。

日本の救命医療の進歩は目覚しい。人の生死を目のあたりに見る現場は、まさに、「いのちの戦場」である。「救命病棟24時」は、救命医療の世界に生きる医師、看護婦、そして患者やその家族たちをリアルに描いた人間ドラマ。

松嶋さんは新人研修医小島楓を演じている。その研修初日、楓はいきなり大事故に出くわす。作業員の胸を鉄パイプが突き刺したのだ。楓は救急医として救急車に乗りこんだが、何もできない。幸い外科医進藤(江口陽介)の適切な処置で作業員は一命を取りとめた。その進藤が楓の指導医になる。

「楓は医療を学ぼうという意欲は旺盛です。前向きすぎるところが、逆に足を引っぱったりします。緊張感のあるシーンがいっぱいです。病院内にはスピード感、リアル感があふれています」。ハードな仕事である。昼も夜もない生活である。体力のいる仕事である。「そんなところが、女優というお仕事に似ているかもしれません」。おっとりと優しい話し方。笑顔が素晴らしい。

高校二年生の時、モデルとしてデビュー。企業のマスコットガールに選ばれたり、CMに出演した。平成八年、NHK朝の連続テレビ小説「ひまわり」のヒロインに取り組み、全国的な顔になった。その後、「スウィートシーズン」(TBS)、「GTO」(フジ)など話題作に出演。ホラー映画「リング」では恐怖に立ち向かう新聞記者を演じた。今年正月には時代劇「加賀百万石」(NHK)に出演。着実に力をつけてきた。

「救命病棟24時」の楓は、現場ではまだまだ足手まとい。「さまざまな患者さんと出会いながら、楓も成長していくでしょう。常に笑顔を忘れないようにしたいと思います」。遠くで救急車の音。松嶋さんの表情がキリッと引き締まった。

(インタビュー・編集部)

 

 

 

前ページ   目次へ

 






サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
2,873位
(34,938成果物中)

成果物アクセス数
2,791

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年8月13日

関連する他の成果物

1.教養誌「ほのお ’98/5号」
2.教養誌「ほのお ’98/6号」
3.教養誌「ほのお ’98/4号」
4.教養誌「ほのお ’98/12号」
5.教養誌「ほのお ’98/7号」
6.教養誌「ほのお ’98/8号」
7.教養誌「ほのお ’98/9号」
8.教養誌「ほのお ’98/10号」
9.教養誌「ほのお ’98/11号」
10.教養誌「ほのお ’99/1号」
11.教養誌「ほのお ’99/3号」
12.「消防資料の発行」の報告書
13.日本防火通信 222号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から